「UENO WELCOME PASSPORT」国立西洋美術館 世界遺産登録記念デザイン

写真拡大

 建築家ル・コルビュジエ氏が、日本で唯一設計した国立西洋美術館が世界遺産に登録されたのを記念して、上野「文化の杜」新構想実行委員会は、上野地区の文化施設を網羅した特別仕様の共通入場券「UENO WELCOME PASSPORT」(2,000円)を、8月15日(月)に発売する。UENO WELCOME PASSPORTは、国立西洋美術館・東京国立博物館・国立科学博物館・上野動物園・下町風俗資料館・旧岩崎邸庭園・東京都美術館・朝倉彫塑館と書道博物館の9施設の常設展などに、利用期間中各1回入場できるチケットだ。世界遺産登録を記念したデザインになっているだけではなく、通常は全施設を回ると4,770円になる入場料が、2,000円以上もお得で見学できる。東京藝術大学大学美術館・東京文化会館・国立国会図書館国際子ども図書館・上野の森美術館と国立近現代建築資料館の5館では、パスポート持参者にポストカードを配布する。

 利用期間は、2016年8月15日(月)〜2017年1月31日(火)まで。

販売場所:
(1) チケット窓口
国立西洋美術館/東京国立博物館/国立科学博物館/上野動物園/下町風俗資料館/朝倉彫塑館/書道博物館/東京藝術大学大学美術館
(2) 店舗などでの販売
東京都美術館ミュージアムショップ/東京藝術大学大学美術館ミュージアムショップ/エキュート上野/松坂屋上野店/上野マルイ/浅草文化観光センター/東京観光情報センター(都庁第一本庁舎1階)ほか
(3) インターネット販売 上野「文化の杜」ポータルサイト