女性ビジネスファッションのドレスコードは?(写真:アフロ)

写真拡大

 猛暑続きの夏、ビジネスファッションもできるだけ薄着にしたいと考える人は多いだろう。男性であれば長袖、または半袖のワイシャツにノーネクタイというスタイルがクールビズの定番となったが、女性はどこまでの軽装が許容範囲なのか、いまいち分からない。企業で明確なドレスコードを持っていない場合はなおさらだろう。

 そこで、社会保険労務士の稲毛由佳さんに、夏の女性のビジネスファッションはどこまで許されるのか、解説してもらった。

 * * *
 シースルーやノースリーブのブラウス、ミニスカートやホットパンツ、ミュール……。暑くなると女性の“肌見せ”ファッションが増えてきます。

 職場であまりにも露出度の高い女性がいると、男性は「どこまで注意してよいかわからない」と思いますし、一方の女性も「どこまで許されるかわからない」と、女性のビジネスファッションは迷走しがちです。

 基本的に職場は仕事を安全かつスムーズに進める場所ですから、業務の円滑な遂行や職場の秩序維持のため、ファッションに一定の制限をつけることは可能です。

 ビジネスファッションは機能的であること、そして、顧客や一緒に働く人に安心感を与えることが大事なポイントになります。職場にふさわしいドレスコードは職場環境づくりのひとつといってもいいでしょう。

 女性の肌見せファッションに対して、「涼しそう」、「華やかでいい」と好感を抱く人もいれば、「目のやり場に困る」、「だらしない」と不快に思う人もいて、職場の意見が分かれてしまうことはよくあります。

 しかし、ビジネスファッションで優先されるべき意見は、不快に思う人の意見です。プライベートな時間と違い、職場では、「好みや考え方があわない人とは付き合わない」は許されません。仕事に支障をきたすからです。

 オフィスでの男性のドレスコードに置き換えると、職場にふさわしい女性のファッションがより判断しやすくなります。

「長ズボンに襟のついたシャツを着用」「ノーネクタイ可、ただし、外してよいのは第一ボタンまで」──。クールビズ期間やカジュアルデーといったある程度ラフな格好が許される期間であっても、男性版のドレスコードは、比較的確立している会社が多いからです。

 女性のオフィスファッションで、最近、よく相談を受けるのが、ストッキングをはかない生足です。

「若い女性の生足はOKだけれど、いい年の女性の生足はNG」などという意見も出てくるので、この問題は非常に厄介です。私も女性ですので、ストッキングの暑苦しさというのは、よくわかります。クールビズの間ぐらい勘弁してほしいというのが本音です。

 では、ストッキングを履いていない生足を男性のファッションに置き換えて考えてみましょう。

 短いソックスを履いていて、座った時にすね毛の生えた生足が見えた……いやですよね。男性と女性では毛深さが違いますが、生足に対する不快感は男女共通です。やはり、ストッキング着用はオフィスのドレスコードの定番といえるでしょう。

 また、女性のシースルーのブラウス&見せブラ、タンクトップは男性でいえば、Tシャツの柄が透けて見えるワイシャツ姿と同じ。女性の膝上のミニスカートやホットパンツは、男性が半ズボンを履いているようなもの。デコルテが広く空いたトップスは、男性がワイシャツを第二ボタンまで外すこと。

 男性のファッションに置き換えると、女性の肌見せファッションのほとんどがオフィスのドレスコードとしては、NGということがおわかりになるのではないでしょうか。

 足元も同じ。ミュールといえども、要はサンダルです。もし、男性がサンダル履きでお客様の前に出ていったら、「おかしい」と思うはずです。暑い夏であっても、男性は革靴がオフィスの定番のドレスコードなのですから、やはり、女性もかかとがかくれるパンプスが定番。許容範囲は、オープントゥかバックストラップタイプでしょう。

 ちなみに男性が「目のやり場に困る」と感じる女性のファッションは職場に卑猥なポスターを貼るのと同様の視覚型のセクハラになります。「目のやり場に困っている」男性のほうが、セクハラの被害者となるのです。

 例えば、第二ボタンまで外して、胸の谷間がチラ見えしてしまうファッションの女性を「職場に相応しいファッションではない」と注意することは、セクハラにはなりません。ただし、「色っぽい」などと性的魅力をあげて注意すると、セクハラ発言に一転してしまうので、注意してください。

 セクハラを疑われないためには、職場にふさわしいか否かを基準に注意するのがポイントです。