本格的な夏が到来した。高温多湿の日本の夏では、汗をかくことが避けられない。とくに女性は、メークが崩れたりするので、汗をかくことに神経質になるだろう。

「汗と制汗剤」に関するアンケート調査

インターワイヤードは、同社のネットリサーチサービス『DIMSDRIVE』を利用し、「汗と制汗剤」に関するアンケート調査を実施した。調査の結果、20代、30代の女性の9割が「汗はかきたくない」「目立たないようにしたい」と回答。汗をかいた時に特に気になるのは、「ニオイ」や「汗ジミ」で、汗をかくことにネガティブなイメージを持っている人が多いことがわかった。そんな中、汗の対策として制汗剤を使用する人の割合は全体の39.4%。女性は57.4%の人が制汗剤を使用していることがわかった。

女性は自分の汗も異性の汗も気になるもの。汗をかくことは、ネガティブなことでしかない。せめて自分の汗については、制汗剤を積極的に使い、汗対策をバッチリしておこう。

d692-121-976490-1

【調査概要】
調査方法:インターネットを利用した市場調査
調査期間:2016年4月27日〜5月18日
有効回答数:DIMSDRIVEモニター4731人

文/編集部