鬼ちゃんの作ったお菓子をつまんだ一寸法師の身になにが!?

写真拡大

KDDIと沖縄セルラーは2016年8月10日から、auのテレビCM「三太郎シリーズ 雷おこし」編の放送を開始した。今年6月に本格デビューしたキャラクターの一寸法師こと前野朋哉さんが「カッコつけているけどドジ」な役を見事に演じ、存在感を放っている。

新CMは、桃太郎(松田翔太さん)、浦島太郎(桐谷健太さん)、金太郎(濱田岳さん)、一寸法師(前野朋哉さん)らが夏フェス会場――というか村の夏祭りに到着したところからスタートする。

鬼ちゃん「当たり引いちゃいましたね」

三太郎たちは偶然、屋台を構えている鬼ちゃん(菅田将暉さん)を発見する。8人の子どものために副業に精を出しているのだ。浦島太郎が露店のお菓子を一口つまむと、突然雷が鳴り響き渡る。そのお菓子の正体は、食べると雷を起こせるという「雷おこし」。

その光景を見た一寸法師は自らも雷を起こそうとお菓子をつまむと......。鬼ちゃん曰く「当たり」を引いたようで、一寸法師の身にとんでもないことが! 「うわっ〜!!」という叫び声とともに一寸法師の姿が消えてしまった。「当たり引いちゃいましたね」と陽気に答える鬼ちゃん。そして一寸法師は「うわ、小さくなっちゃったー!!おーい!」と、むなしく三太郎の足元から叫ぶのだった――。

J-CAST トレンド編集部はメイキング映像を入手した。撮影現場でメイン出演者の4人はセリフ合わせをする。ひときわ力が入っているのが前野さんで、本番でもないのに白目を向き、共演者は思わず爆笑してしまう。そして本番。まるで本物の雷に感電したかのごとく目と口を震わせる。思わず見入ってしまう前野さんの未放送映像は、YouTubeのJ-CASTチャンネルで公開中だ。

一寸法師が視聴者に全身で伝えたかった情報は、8月10日に全国のauショップでスタートしたアンケートキャンペーン「雷サマーおこし」だ。アンケートに回答した来店者に対し、今回のCMで登場する「雷おこし」をプレゼントするというもの。白砂糖、海苔、抹茶の3種類の味が楽しめる。au利用者でなくてももらえる。