俺の中で話題!エクストリーム出社を超える「エクストリーム遊び」を紹介

写真拡大

エクストリーム出社、エクストリーム自撮り、エクストリーム睡眠、エクストリーム駐車…近年、巷で流行している(ような気がする)エクストリームコンテンツに、エクストリーム遊びという新たなジャンルが密かに加わったことをご存知でしょうか?初めて聞いたという方ばかりでしょう。安心してください。これは筆者が勝手に考案したものだからです(笑)簡単に言うと、遊びをより一層"エクストリーム"にエンジョイするためのパッケージングです。

「エクストリーム遊び」の条件はただ一つ。字のごとく、カツカツの極端なスケジューリングでひたすら遊び倒し、突き抜けて遊びをやりきること!よろしければ参考にしていただき、エクストリームでクリエイティブなオフをプロデュースしみてください。

■ 誕生のきっかけ

一身上の都合で2連休が限界な筆者が、オフを最大限に満喫するために考案しました(笑)

■ 用意するもの

・クルマ
・タフなメンバー
・早朝、または24時間営業している施設またはイベントスポット
・おいしくてオシャレなカフェ
・最終目的地(宿泊先)
・2日目のイベント、ご飯スポットなど
・ボードゲーム

■ やり方(モデルケース)

◎ STEP1. メンバーと休みを合わす

2連休ですることが多いですが、もちろん1日のオフでも可能です。

◎ STEP2. 仕事明けに参加者を回収

自分の仕事が終わった段階で、参加者をひとりずつ回収してまわります。週末に決行する場合はみんな飲み会に出てるので、泥酔してないか注意が必要。

◎ STEP3. 酔っ払いを乗せてひた走る

べろんべろんになった参加者を乗せ、早朝から営業しているスポットを目指しひた走ります。体力に自信があれば、下道を走り高速代を節約します。

◎ STEP4. 温泉に行く

今回は山梨県にあるほったらかし温泉へいきます。ここは日の出の1時間前から営業してるので、HPで開湯時間を確認して向かいます。(5〜7月は年間を通じてもっとも早い午前4時前後に開湯)。

◎STEP5. 休憩室で寝る

ほったらかし温泉に併設されている休憩室で仮眠します。週末は絶品朝ごはんが食べられる敷地内の食事処「気まぐれ屋」が営業しています。(営業時間は日の出から朝9時まで。ただし、食材がなくなり次第終了)眠くなければ省略可、少しでも眠ければ事故防止のため寝ること。

◎STEP6. テンション上がるオシャレなランチ

目星をつけておいた、イケてるお店で優雅にランチしましょう。お店のチョイス次第でメンバーの食いつきがだいぶ変わります。

◎STEP7. 寄り道しながら宿泊先へ

みんなでワイワイ、ドライブを楽しみながら宿泊先へ。夕食の買い出しや、もう一発イベント挟むのも良いでしょう。気が大きくなり食材や酒を買いすぎないよう注意。

◎STEP8. エンジョイする

みんなで宿泊先でエンジョイします。全身全霊をかけて満喫してください。お勧めは、民泊サービス「Airbnb」で宿を押さえ、みんなで料理を作ることです。間違いなく一体感が生まれます。

◎STEP9. モノポリーをする!

みんなで飲みながらモノポリー!最高に盛り上がります。

◎STEP10. 寝る

やっとゆっくり寝られますね。

◎STEP11. さらに満喫

用意しておいた2日目のイベント、ご飯スポットへ!連チャンでオシャレスポットを用意できると完全にメンバーの心を鷲掴み。

◎STEP12. 全員を宅送する

プロデューサーの宿命、もちろん全員を家まで送り届けます。自宅に着く頃には陽が昇っていますので、そのまま出社しましょう。ちゃんと休み明けに仕事に行かないと"エクストリーム遊び"を名乗る資格がありません。

■ できた!これぞエクストリーム!

プロデューサー(自分)がすこし体を張るだけで、2連休が体感3連休に化けます!寝る間も惜しんでクリエイティブに、エクストリームに遊びをプロデュースしましょう。筆者はアウトドアが好きなので、この要領で山登りで小屋泊を楽しむなど、エクストリームさを追求しています。みなさんもホットスポットを開拓し、自分流のエクストリーム遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

(image by 筆者)
(著:nanapiユーザー・ビール坊 編集:nanapi編集部)