©2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

映画『ジャングル・ブック』が2016年8月11日(木・祝)全国公開されます。

【動画】ディズニー実写の新たな名作!『ジャングル・ブック』の映像美

4月に公開された米国では記録的大ヒットとなった話題の作品。

動物と人間の世界を見事に描き、最高の名曲を楽しめる、ディズニー実写の新たな名作が誕生しました。

名作『ジャングル・ブック』を実写化

1967年、ウォルト・ディズニーの死の直後に公開されたディズニー長編アニメーション『ジャングル・ブック』。

ディズニー得意の動物もの、そしてシャーマン兄弟の音楽も加わり、ディズニー映画の名作として今も東京ディズニーランドの「ワン・マンズ・ドリーム2 ザ・マジック・リブズ・オン」や東京ディズニーシーの「ファンタズミック! 」をはじめ様々なショーなどに登場しています。

映画を観たことはなくても、キャラクターや音楽を知っている人は多いでしょう。

そんな『ジャングル・ブック』が50年の時を経て実写化。

アニメーションのストーリーを直接なぞるわけではありませんが、ディズニーらしい要素をふんだんに詰め込んだ作品になりました。

ディズニーの伝統“プリンセス”の次は“動物もの”を実写化

ディズニーアニメーションの実写化は『アリス・イン・ワンダーランド』や『マレフィセント』など最近多く公開されています。

中でも2015年に公開された『シンデレラ』はこれまでの実写化の概念を変えるほどクオリティの高い名作としてヒット。

『シンデレラ』はプリンセスを現代の視点から人間(実写)の物語として描くことで、50年以上前の作品が見事に蘇りました。

ディズニーアニメーションのひとつの軸が「プリンセス」だとすれば、もうひとつの軸は「動物」でしょう。

『バンビ』から数々の動物ものを描き、現代でも『ズートピア』というヒット作を生み出したディズニーアニメーション。

その中でも、動物とその中で生きる人間の関係に迫ったのが『ジャングル・ブック』でした。

今作ではディズニーの大きな軸「動物もの」のアニメーションを実写化。

動物たちが生き生きと動き、歌い踊る。

ディズニーの真骨頂が、実写として現代に蘇った、『シンデレラ』以降の実写化の王道を行く作品です。

少年以外すべてCG

「少年以外すべてCG」と謳われている通り、ジャングルの自然や動物たちはすべてCGで描かれたもの。

最先端のCGスタジオを抱えるディズニーだからこそ作れた、とてもCGとは思えない映像が広がります。

そんな現実に忠実な虚構の世界を駆けまわるのが、唯一実写の少年モーグリ。

中途半端な作り物でも、カートゥーンチックでもない、リアルな自然が描かれることによって、そこにいる少年の異質さが際立ちます。

別の世界であるはずのジャングルと人間。

実写で描くことによって、ジャングルで過ごすモーグリの姿、シア・カーンと人間の過去、モーグリの心境がよりリアルに伝わってきます。

アニメーション版のストーリーをそのまま辿るわけではなく、モーグリのジャングルに住む人間としての心・行動により焦点を当てたストーリーになっており、より深く入り込める作品になりました。

名曲の魅力を満喫! 最高の音楽

『ジャングル・ブック』の魅力といえばなんといっても音楽。

「ザ・ベア・ネセシティ」「君のようになりたい」などシャーマン兄弟の名曲は映画自体よりも有名かもしれません。

実写版でもこの音楽はしっかり使われています。

予告編公開時、「ザ・ベア・ネセシティ」が流れたことでファンが大いに沸き、一気に期待値が上がったほど。

陽気で楽しいジャングルの世界を象徴するような熊のバルーによる歌は、一気に映画の世界に引き込まれ一緒にノリノリになれる力を持っています。

イントロが流れた瞬間、ぐわっと胸が高まる感覚はたまりません。

これは歌うか? と期待が高まるシーンで、歌いだしたとき、まさに音楽の持つ魅力に取りつかれてしまい、最高! と叫びたくなります。

プリンセスを実写で描いた『シンデレラ』に対し、動物の世界を実写で描いた『ジャングル・ブック』。

ディズニーを代表する実写化の2軸になるような名作です。

映画『ジャングル・ブック』
2016年8月11日(木・祝)全国ロードショー