店主の探究心ゆえに、日々新しいメニューが開発されている……。たとえば、こちらの『阿波や壱兆』や『おそばの甲賀』アッと驚くような食材を使ったり、合わせたり。そんな独創性に富む麺専門店をご紹介! しかも、これまで作ってきた麺のポートフォリオ付き(現在は提供してないものもあり)。何度でも通いたくなるお店はこちら!



毎年、夏になると出る「トマトぶっかけ」が人気。すだちとトマトの酸味と清涼感が秀逸。料理は日替わり。写真は一例
そうめんの常識を覆す女将が大活躍。大胆不敵な発想がモットー! 毎日替わるそうめん『阿波や壱兆』

東中野


他に類のない東中野にあるそうめん専門店。徳島出身の女将、田中嘉織さんの地元名産の半田そうめんを冷たい出汁の“ひやかけ”で味わう。しかしこれだけでは飽きられてしまうと、日替わりで新メニューに取り組み、創業7年目にしてレパートリーが膨大に。

半田そうめんは太めで程よくモチモチなのでパスタのように何にでも合うという。夏に人気のトマトぶっかけほか、竹ちくわの磯辺ドッグがドカンと載るなど大胆不敵な発想はそうめん界のジャンヌダルクだ。予約がおすすめ。


【過去に登場したそうめんを拝見】

燻製鮎のひらき温めん



田舎ぶっかけ



鰹のたたき中華風



そうめんおでん



カレーそうめん



竹ちくわの磯辺ドッグ



夜はお酒も楽しめるので、〆にそうめんというのも人気のスタイル


お次は西麻布で存在感を放つ、あのそば店!



糖度の高い「アメーラ」というトマトを使用。ホタテ貝柱と大葉ペーストで和えた、トマトとホタテの冷そば。メニューは季節などにより異なる。写真は一例
発信力と職人技のWパワーがスゴイ。何度でも通いたくなる。拡張するメニューに脱帽の蕎麦店『おそばの甲賀』

乃木坂


西麻布交差点の旨い蕎麦と言えばお馴染み。老舗の赤坂砂場出身の店主は、蕎麦にもつまみにも手を抜かない。さらに驚くのはそれ以外のメニューの独創性とクオリティの高さ。ファン続出中という手打ち麺の「中華そば」やロゼ色に輝く「牛はらみステーキ重」なども絶品。

冷たいカッペリーニにヒントを得たトマトとホタテの冷そばは、もはやリストランテの領域にある。手抜きのない職人気質の店主が繰り出す、アイデアに富んだ料理を楽しみにひたすら足を運んでしまう。


【過去に登場したメニューを拝見】

ウニそば



かきそば



中華そば



若竹そば



“冷たい蕎麦とお酒で夏を元気にします”



西麻布の交差点にほど近い場所にあり、著名人の来店も多い