「グランピング」なんて言葉が流行するぐらい、今、空前のキャンプブーム!ゴリゴリのアウトドアっぽさよりも、こなれた雰囲気でキャンプを楽しみたいなら、グッズにこだわるべきなのは言わずもがな!

そんな観点から、東京カレンダーが厳選した大人のためのキャンプグッズがこの12点。是非に今から秋にかけて買い足していきたい!



【左上】鍋はシンプル イズ ベストだから!

こちらは2人用で2.5Lと1.5Lのふたつの鍋のセット。アルミなので軽量で、取っ手は取り外し可能と機能性も申し分ない。さすが登山家のための老舗ブランド、といったところだろう!「BASE™2ポットセット」¥8,500〈MSR/モチヅキ TEL:0256-32-0860〉


【左下】料理しない人にもオススメしたいグリル

ファイアグリルの使い道は何もBBQだけではない。焼き網をはずして薪を組めば、フィールドを傷めず焚き火を楽しむことができるのだ。価格ももリーズナブルだから、迷わず買いだろう。¥5,834〈ユニフレーム/新越ワークス TEL:03-3264-8311〉


【中上】これぞ最新!LEDランプの進化系ランタン

ガソリンランタンの雰囲気を持ちながら、乾電池かACにつないで使用するLEDランタン。雨でもちゃんと使用可能。「バッテリーロックLEDノスタルジアランタン」¥16,800〈コールマン/コールマン ジャパン カスタマーサービス TEL:0120-111-957〉


【中】グローブで色をきかせればキャンプの着こなしも華やぐ

牛革を使用した手によく馴染むグローブは、アウトドアからガーデニング、DIYにも使える。鮮やかなイエローがアウトドアコーデの差し色にも最適かと。¥2,800〈ステューシー リヴィン ジェネラルストア/ステューシー ジャパン TEL:0548-22-7366〉


【中下】シャンパンもキンキンに冷やせるクーラーボックス

プロのハンターやフィッシャーから熱い支持を受けるイエティのクーラーボックス。断熱壁が5cmあり、最上級の冷却効果が得られる。T型ラバーラッチで密封性も確保。「RY20ローディ20qt」¥36,000〈イエティ/エイアンドエフ TEL:03-3209-7579〉


【右】山気分を盛り上げるコヨーテカラーのバックパック

バックパックもいつものものより、スペックやカラーリングが山仕様なものを。言わずもがなグレゴリーは本格バックパックもそろい、こちらは軍事偵察にも対応できるとか。¥24,000[29L]〈グレゴリー/サムソナイト・ジャパン TEL:0800-12-36910〉



本格的なレインブーツをそろえれば雨でも楽しい

レインブーツといえば、のハンターからは新作のショートブーツを。アイルランドの海をテーマにした今季は、全面にウェーブプリントが施され、どこかモードな雰囲気すら漂う。ヴァルカナイズ製法のラバーで耐久性に優れているのが特徴。¥18,000〈ハンター/ステップ インク TEL:03-5774-4551〉


「スノーピーク」に「ソロモン」などの最新グッズが登場!



お馴染みのペンドルトンも水色ベースならシックな印象

お洒落都市として大注目なポートランド発の老舗ブランド。そのブランケットは、インテリアのアクセントにもなるので、キャンプ用じゃなくとも持っていたいアイテム。こちらは小さめサイズなので持ち運びにも便利だ。[81×112cm]¥14,000〈ペンドルトン/エイアンドエフ TEL:03-3209-7579〉



フェスにもキャンプにもポンチョはあって損はない!

丈が長く、腿まで隠れるポンチョは、天候が不安定な山には必須。ボリュームのある襟元と、張りのある素材が作るスナフキン的シルエットが可愛げ。ポンチョ¥49,000〈ナイジェル・ケーボン/アウターリミッツ TEL:03-5457-5637〉、水筒¥3,700〈クリーンカンティーン/ベストパッキングストア TEL:03-5773-5586〉



折りたたみチェアにこそセンスが表れる!

フレームが竹とアルミでできた折りたたみチェアは、自宅のテラスや室内で使ってもお洒落。一見フリースに見えるベストは、実はムートンという大人な一着だ。ディレクターズチェア¥13,800〈スノーピークTEL:0120-010-660〉、ベスト¥130,000〈チンクワンタ/ビームスF 新宿 TEL:03-5368-7305〉



マウンテニアリングシューズもハイテクモダン化

サロモンの最高峰スペックの山用シューズ。こちらは旅をコンセプトにした「ベストパッキングストア」など、限られた店舗でしか販売されない限定カラーモデル。¥45,000〈サロモン/ベストパッキングストア TEL:03-5773-5586〉


マストバイなキャンプグッズは分かった!ならば、最新の着こなしはこんな感じ!


買うべきキャンプグッズは分かった!ならば、最旬な着こなしも気になるところ。各アイテムは最高峰のスペックを誇りながらも、あくまでも見た目はオーセンティックでタフな雰囲気、そんなコーディネートが今っぽい!



ハイテクとクラシックが見事にミックス!

ネイティブ柄はアウトドアに最適。ハイテクコーデにプラスして、今っぽいミックススタイルに。ブランケット代わりなるポンチョを使いこなせばお洒落上級者だ。

ポンチョ¥30,000〈ウールリッチ/ウールリッチ 表参道 TEL:03-6427-1819〉、ジャケット¥26,000〈ザ・ノース・フェイス/ザ・ノース・フェイス スタンダード 二子玉川 TEL:03-6432-7631〉、サングラス¥48,000〈アイヴァン 7285/アイヴァン PR TEL:03-6434-5027〉、スカーフ(レディス)¥15,000〈イーエヌ アンソール/インコントロ TEL:03-5411-6526〉



街でも浮かないくらいの本気度がいい塩梅

カリフォルニア発のマウンテンハードウェアは、独自開発のテクノロジーを搭載した革新的なプロダクトに定評あり。真面目なものづくりで世界中のアウトドアマンから信頼を得ている一方、N.ハリウッドとのコラボラインをリリースするなど、トレンドも取り入れる柔軟性も魅力。

スノーピークは日本発の老舗アウトドアブランド。ギアだけでなく2年前よりアパレルをスタートし、機能性とファッション性を兼ね備えたブランドとして、要注目だ。

ジャケット¥23,000〈マウンテンハードウェア/コロンビアスポーツウェアジャパン TEL:0120-193-821〉、ショーツ¥18,000、タイツ¥9,800〈ともにスノーピーク TEL:0120-010-660〉、ニットキャップ¥8,000〈キジマ タカユキ/ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館 TEL:03-3479-8180〉、バックパック¥37,000〈マスターピース×マン オブ ムーズ/ワークショップ ミナカミ TEL:0278-25-4454〉



シャツ×ジレ合わせでナードなアウトドアスタイルに

デザイナーが収集したヴィンテージアイテムをベースにモダナイズしたナイジェル・ケーボンのアウターなら、言わずもがなこなれた感じが漂う。カメラマンジャケットは防水性があり、ポケットも多いので街でも山でも使える一着だ。

ジャケット¥175,000、ベスト¥84,000〈ともにナイジェル・ケーボン/アウターリミッツ TEL:03-5457-5637〉、シャツ¥14,000〈マウンテンハードウェア/コロンビアスポーツウェアジャパン TEL:0120-193-821〉、ハット¥9,000〈カムズアンドゴーズ/アルファ PR TEL:03-5413-3546〉、マグ¥1,800〈ステューシー リヴィン ジェネラルストア/ステューシー ジャパン TEL:0548-22-7366〉、バックパックはスタイリスト私物