地上で貯めて旅行へ。マイル修行から学んだコツ

写真拡大

年に1回以上海外に行く人の中には、マイルを貯めている人も多いでしょう。でも、よほど頻繁に飛行機を利用しない限り、空の上だけでは思ったようにはマイルも貯まりません。
そこで見直したいのは、日常の生活の中でのマイルの貯め方。マイレージのメンバーサイトをよく見ると、いつも利用しているネットショップなどでもマイルが貯まることがあります。その場合、飛行機利用時ほどたくさんのマイルはつかないものの、日々の積み重ねは結構大きく、私は買い物、ホテル予約、美容室、ネイルサロンなどをANAのマイレージ会員用サイトの、『マイレージモール』を経由して利用していますが、その甲斐あって年に1〜2回は特典航空券をゲットしています。私はそれを「マイル修行」と名づけて励んでいますが、早くたくさんマイルを貯めるにはどうすればいいか、我が修行をふり返ってみました。
(1)クレジット機能付きのマイレージカードを1つに絞って持つ。
まずは、マイレージ登録をすると送られてくるカードをクレジット機能付きのものにすること。それによって付く様々なポイントが、マイル獲得の近道になるのです。

「ANAマイレージモールでの支払いをANAカードで行えば、さらにマイルが貯まります」
(『ANAマイレージモール』より引用)

1つに絞るのは、集中的に1つのエアでマイルを貯めるため。エアにはアライアンスがあるので、1つのエアでマイル修行していても、提携航空会社の便には乗れますから心配無用。
では、どこのエアで貯めるかですが、日本在住者の場合、外国のエアだとマイルの特典が航空券以外使えない場合もあるので、やはり日本のエアのものがおすすめです。ネットショップも充実しているので、日常生活の中でのマイルを貯めやすいでしょう。
また、カードの月々の支払いで貯まるポイントもすべてマイルに移行。私の利用しているカードはボーナスポイントやプレミアムポイントがつくのですが、その移行が自動ではないことに気がつき、ポイント失効ギリギリですべてマイルに換えたら、20000マイルにもなりました。
(2)旅行をするときは、なるべく同一のエアを利用する。
何といっても、もっとも多くのマイルを確保できるのは飛行機を利用すること。なるべく同じエアを利用して、一点集中でマイルを貯めたほうが早く航空券をゲットできます。
(3)キャンペーンを見逃さない
ネットショップの中には3倍マイルとか、100マイルプレゼントなどのキャンペーンが必ずあるので、チェックして活用します。また、買い物をするときは「即効マイルショップ」や「マイルがたくさん貯まるショップ」などから先にチェックしましょう。
(4)予約サイトもマイルショップから
ホテル予約、美容室、ネイルサロンなどを選ぶときも、マイル対象のお店から選び、面倒でもマイルショップを経由して予約を入れましょう。
(5)口コミは必ず書く
旅行情報サイトなどでは、口コミがマイルの対象になることがあります。なので、旅行をしたらホテルやレストラン、観光地での体験を書きましょう。マイル数としては少ないですが、ちりも積もれば山となる、の精神が大事です。また、そこで撮った画像もアップできると、さらに獲得マイルを増やすことができます。
(6)大きなお金が動くとき、マイル加算を考える
たとえば、宴会の幹事を引き受けたときはカード払いにしてマイルの元手にする。また、引っ越し、リフォームなどでも業者によってはマイレージの対象となるので、その予定のある人は、対象業者から選ぶというのも大きく貯めるポイントです。
日常のちょっとしたひと手間が、特典航空券への近道となります。意識的に貯めて、旅のチャンスを増やしましょう。
[ANAマイレージモール]
photo by PIXTA

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。