操縦方法は手をかざす!? 約20gの屋内用小型ドローン

写真拡大

さまざまな産業分野だけでなく、オモチャとしても家庭に普及してきているドローン。しかし、本格的なドローンはかなり高価だし、そもそも飛ばせる場所が近所に無いので買わずにいる、という人も多いのではないでしょうか。

そこでオススメなのが、屋内専用の小型ドローン「Flying Loop(フライング・ループ)」(2700円)。コントローラー不要で、難しい操縦を覚える必要はなく、誰でも気軽に遊ぶことができです。

上手く操れば、手品をやっているような気分に!

操作は簡単。電源を入れた後、本体上部のセンサーに向けて手を2度かざせば起動し(もちろん足でも起動します)、プロペラが回転。宙に浮かび上がります。その後はゆっくりと落下してきますので、今度は本体の下に手や足をかざしましょう。すると再びフワリと上昇。これを繰り返しサッカーボールのリフティングのように遊ぶことができます。

20160811_FlyingLoop02

ボールと違って動きがゆっくり。本体は約20グラムと軽量なので家具にぶつかっても安全。マンションなどでも騒音をあまり気にせずに遊べます。遠くに飛んで行って行方不明になる心配もありません。本体上部のセンサーに手をかざせばプロペラが停止。なんだか手品かフォースで操っているような新鮮な感覚が味わえます。

20160811_FlyingLoop01

もちろん一人だけでなく、数人で遊ぶのもオススメ。「右足しか使っちゃダメ」などルールを設定すると盛り上がりそう。コントローラーで操作するドローンと違いあくまで“体感型”。遊び方しだいでは、なかなか良いエクササイズにもなりそうです!

Flying Loop >> http://www.elaice.jp/products/flyingloop

(文/&GP編集部)