Doctors Me(ドクターズミー)- 指原莉乃表紙【anan SEX特集2016】医師が答える!性のお悩みエトセトラ

写真拡大 (全7枚)

今年も表紙に大きなインパクトを残したanan(アンアン)SEX特集2016。今回はHKT48の指原莉乃さんが美しい肢体を飾っており話題となっております。

Doctors Me編集部では、この特集の中で気になった「セックス」へのさまざまな疑問を、医師に解説をしていただきました。

人には聞けないけど気になる...そんなみなさんの夜のお悩みを解決していきましょう。

【anan SEX特集 1】愛情ホルモンと呼ばれる「オキトシン」は幸せを運ぶ?


「オキシトシン」とは脳下垂体の後葉と呼ばれる部分から分泌されるペプチドホルモンで、分娩の時に子宮を収縮させたり、赤ちゃんに授乳するときに乳汁の分泌を促したりするホルモンとして知られています。
また、ストレスを和らげ、幸せな気持ちになるホルモンともいわれていますね。

オキシトシンは、好きな人同士がお互いを見つめあったり、キスをしたり抱き合ったりすることでも分泌されやすくなるといわれています。

【anan SEX特集 2】男は満腹だとセックスができない!?


食事をして満腹になると、血液は消化に関係する器官、胃腸や肝臓などに集中して、男性は勃起が起こりにくくなります。

逆に空腹時には勃起が起こりやすくなりますので、セックス前に食事をとる場合には軽めにしておくほうが良いでしょう。

【anan SEX特集 3】女性のひとりH事情を医学的に解説


女性の精神的エロスイッチの入れ方


女性の場合、精神的にエロティックな気分であることがセックスを楽しむために特に重要といわれていますから、官能小説や漫画などを読んでそのような気分を高めておくのも有効です。
女性は心で感じる、と言われているので、精神的なスイッチを押すことは、貴方の心を満たすスタートとも言えます。

くすぐったいところを触って得られる快感とは?


くすぐったい、と最初は思っても、今後その部分が性的な快感をも高めてくれる場合もありますので、自分なりに開発してみるのもよいでしょう。
部位としては、首筋、わき腹、足の裏などがよいですが、意外と盲点なのが背中です。まず、指でなぞってみる、などからはじめてみてください。

女性の「オカズ」でオススメに挙げられているレディコミやBLドラマCDの効果


それぞれに興奮しやすいシチュエーションがあると思うので、好みに合ったコミックやドラマ、CDなどで五感を使ってエロティックな気分を演出していくのも効果的な方法です。
特に、声も性感帯と呼べるほどなので、低い声など、自分のツボにあった声を耳にするだけでも、心情や気持ちの高ぶりがだいぶ変わってくるかと思われます。

【anan SEX特集 4】デリケートゾーンの毛の処理は女性器に悪影響だった!


デリケートゾーンの毛は、ばい菌の侵入や外部との摩擦を減らすなど、もともとの役割があります。

毛を処理するということは、これらのバリアーを取り払ってしまうということです。

清潔を保ったり、トラブルを避けるために、あまり極端な毛の処理は避け、おこなう場合は出来ればプロに依頼しましょう。

【anan SEX特集 5】最新レーザー治療「膣エイジングケア」って一体どんな治療?


膣のエイジングケアは、加齢によって女性ホルモンが減ってくることによって膣粘膜が薄くなって萎縮してしまったものに対して、レーザー治療を行うことによって細胞を活性化させ、若返らせることを目的としたケアです。

保険適応ではありませんが、気になる方は行っている医療機関を受診してみてください。

【anan SEX特集 6】精力剤として効果があるのは「ヤギ肉」、「アボカド」、「虎のペニス」...?


ヤギ肉


鉄分やビタミンが多いのが特徴と言えます。独特のにおいがありますが、食べなれるとおいしいもの。
ある国では、ヤギ肉を食べるとHな夢が見れるという迷信もあります。

アボカド


体に良い脂質やアンチエイジング効果のあるビタミンEを豊富に含む「森のバター」。ビタミンEがホルモンの分泌を活発にします。

虎のペニス


なかなか目にすることはありませんが、昔からの精力剤として知られていますね。
お隣中国では精力剤として重宝されていたそうですが、現在は密猟などの問題により、口にすることは出来ないです。

聞きづらいセックスの疑問だけど...

セックスは私たち人間にとって、生殖のための行為である一方、愛情を確認しあったり、精神的な安定を得るための一つの方法でもありますね。

特に女性にはどうしても恥ずかしい、人前で口にするのがはばかられる部分がありますが、しっかり知識を得て、安全で充実したセックスライフ送っていきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)