遊んで学べる「LEGO」の屋外テーマパークが楽しそう!【日本初上陸】

写真拡大

「はじめて夢中になったオモチャが、LEGO®でした」。

自分自身がそうだったという人もいれば、子供や兄弟、甥っ子や姪っ子が、時が経つのも忘れるほど遊んでいたシーンが目に浮かぶかもしれません。シンプルだけど、クリエイティブ。教材として使われたり、ビルダーと呼ばれる大人たちが超大作をつくったりするなど、その愛され方は様々です。

そんなLEGOの屋外型テーマパーク「LEGOLAND® Japan」が、2017年4月1日に日本初上陸するとあっては、気になる人も多いでしょう。場所は、名古屋の金城ふ頭。

LEGOの世界観にどっぷり!
アトラクションは40以上

「小さい頃、LEGOブロックで遊園地をつくって遊んでいた」なんて人からしたら、まさに現実になったかのようなテーマパークがこちら。主な対象は2歳〜12歳までの子供とその家族で、世界8ヶ所目のオープンとのこと。

お城の中を駆け抜けるジェットコースター「ザ・ドラゴン」や、

家族みんなで潜水艦に乗って出かける「サブマリン・アドベンチャー」。

全1,000万個以上のブロックでつくった街並みが広がる「ミニランド」。22万5,000個のブロックでつくった名古屋城(なんと2m以上)もあるとか。

レーザー銃でレゴミイラやレゴガイコツと戦う「ロスト・キングダム・アドベンチャー」などなど。

とにかく、LEGO好きにはたまらないテーマパークなんです。

LEGOの由来は
「よく遊べ」

『LEGO』はデンマーク語の「LEg GOdt(よく遊べ)」から生まれた言葉で、子どもにとって大切な「遊び」と「学び」の意欲を上げてくれます。

屋内型施設としては、東京と大阪に「レゴランド・ディスカバリー・センター」がありますがいずれも人気で、とくに「大人のLEGO教室」は予約が取れないほど盛況なんだとか。来春オープンの名古屋も、親子そろって思い切り楽しめそうですね。

オフィシャルHPでは、グランドオープンまでのカウントダウンも始まっていますよ。

『LEGOLAND® Japan』

■オープン:2017年4月1日(土)
■住所:愛知県名古屋市港区金城ふ頭二丁目2番地(予定)
■チケット:1DAY(税込) 大人6,900円・子供(3歳〜12歳)5,300円
年間パスポート(税込) 大人17,300円・子供(3歳〜12歳)13,300円

Licensed material used with permission by LEGOLAND® Japan