トーキョーが舞台。グッチの秋冬コレクションがイカしてる

写真拡大

2016年春夏のファッション業界。

アレッサンドロ・ミケーレ率いるGUCCI(グッチ)が与えた衝撃はすごかった。

目が痛くなるほど鮮やかな色使い、散りばめられた花たち、顔からはみ出すほどのビッグアイウェア。

どこを切ってもミケーレ、といえるほど個性の強かったコレクションは、視覚に大いに刺激を与えてくれました。

そんなグッチが、世界観はそのままに、秋冬も派手にぶち上げている様子。

舞台は東京。

グッチの秋冬コレクションを身にまとったモデルたちが、お座敷から新宿へと繰り出します。

その交通手段は、なんとデコトラ。もうピッカピカに光ってます。

そのあとはパチンコに興じるモデルたち。手前に写り込むサラリーマンに思わず目が行ってしまったのは内緒の話。

それにしても、ミケーレの世界観に入り込むと、新宿の街並みやデコトラ、パチンコまでもがスタイリッシュに思えてくるから不思議です。

[GUCCI]

文/浦田昆