8日、ケニア南西部にあるマサイマラ国立保護区内の宿泊施設で、食事をしていた中国人の夫婦を刃物で刺したとして、中国人の男が逮捕された。写真は同保護区。

写真拡大

2016年8月8日、ケニア南西部にあるマサイマラ国立保護区内の宿泊施設で、中国人の男が、食事をしていた中国人夫婦と席をめぐって口論となり、2人を刃物で刺す事件が起きた。妻(45)は病院に運ばれたが死亡が確認され、夫(47)もけがの程度が重いという。男は現場で警察に逮捕された。鳳凰網が伝えた。

警察によると、刺した男は、食事をしていた夫婦に「その席はいつも自分が座っている」などと話し、席を譲るよう求めたが、拒絶されたため口論となり、刃物で2人の腹を刺した。現場には夫婦の2人の子ども(9歳と12歳)もいたという。(翻訳・編集/柳川)