普段何気なく使っている私たちの母国語・日本語ですが、「使いこなせている」という自信はありますか? 無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』では、ちょっとした日本語クイズを紹介するとともに、その奥深さをさらに掘り下げています。

仲間はずれは誰だ?

いきなりですが、ちょっと日本語に関するクイズを出してみます。みなさん、チャレンジしてみてください。

【仲間はずれはどれでしょう?】

それぞれ(  )に書いてある観点から見て、1つだけ仲間はずれの言葉があります。それを当ててみてください。

● 第1問(和製英語)

ダブルスクールパネルディスカッションサラリーマンテーブルスピーチイメージダウン

● 第2問(複合語の構成)

双方向夢物語新幹線地平線美意識

● 第3問(読み仮名)

催す憤る通る凍る放る

なんのこっちゃ? という感じでしょうか? これは日本語教師を目指す人のための練習問題で、私が作っていた問題です。

第1問は、「和製英語」という観点から見ると、2番の「パネルディスカッション」以外は全部和製英語なので、2が仲間はずれです。ダブルスクールやサラリーマンは和製英語っぽいのですが、テーブルスピーチやイメージダウンまで和製英語というのは意外だったでしょうか。

それぞれ「speech at a party」「down the(one’s)image」というのが英語での表現です。

第2問は、3つの漢字でできている複合語ですが、

 1.双方向=双+方向

 2.夢物語=夢+物語

 3.新幹線=新+幹線

 5.美意識=美+意識

というグループに対して、4だけが「地平線=地平+線」という構成です。4が仲間はずれです。

第3問は、読み仮名をつけてみましょう。ポイントは、「オー」と伸びるところの平仮名です。「モヨース」「イキドール」「トール」と読むところで、

もよおすいきどおるとおるこおる

と、みんな「お」で書きますが「5.ほうる」と「放る」だけは「オー」と伸ばすところを「う」で書きます。

日本語教師になるためには、何よりも自分が普段使っている言葉にかなり意識的にならないといけません。何気なく使っている言葉の中にあるいろんな仕組みや決まり事を覚えていないと、いざ外国人から質問されたときに答えられません。

ルール自体は非常に奥が深く、理論的にまだまだ解明されていない性質もたくさんありますが、それはそれとして、何が違うのか、どう違うのかといったことを瞬時につかんで、簡単にわかりやすく説明する能力が求められます。

単なる知識の問題もあれば、その場ですぐさま分析する能力も求められています。なかなかに大変な仕事なのですが、それだけに、非常に面白く楽しい仕事でもあると思います。

教室の中に10数カ国から来た学生が集まって来て、彼らの共通言語が日本語だけしかなくて、日本語でコミュニケーションをする様子は、これは非常にダイナミックなことのように思います。

日頃使っている日本語をちょっと見直してみるのも楽しいものですよ。

image by: Shutterstock

 

『1日1粒! 「幸せのタネ」』

「楽しく豊かな人生」を送るために役立つさまざまな気づきを,「学び」をキーワードに「幸せのタネ」として毎日お届けします。

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!