不要なモノを片付けて捨てるコツは?断捨離で目指せ「シンプルライフ」

写真拡大

みなさんの部屋はきれいに掃除され整理整頓されているでしょうか? 中には「気づいたらモノが溜まっている」、「片付けができない」という人もいるでしょう。

散らかっていたり、不要なモノで溢れたりしている部屋をそのままにしておくと、風水的には運気も下がるとされています……。モノを溜めこまずにスッキリ生活するためには、“断捨離の意識付け”をすることが大切。

そこで今回は、スッキリ気持ちのいいシンプルライフを送るために、モノを捨てる断捨離のコツをご紹介しましょう。

■運気も下がる!? 開運するなら、溜めこみ過ぎたモノを捨てるべし

「最近運が悪い」、「体調がよくないな〜」などと感じることはありませんか? 心当たりがある人は家の中を見渡してみてください。部屋が汚れていたり、モノをためこんで散らかったりしたままになっているということはないでしょうか。

部屋の掃除や整理ができていないと、古いモノから発せられる“悪い気”のたまり場になると、風水的には言われています。

また、部屋が散らかっているとリラックスできず、脳はストレスを感じます。すると気分が落ち込んだり、マイナス思考になったり、集中力や理解力の低下にもつながると言われています。

家は、あなたやあなたが大切に思う家族と過ごす聖域。毎日楽しく穏やかに過ごすためにも、片付けや掃除をきちんとして部屋を清潔な状態にしておくことはもちろん、定期的に不要なモノを断捨離して“シンプルライフ”を目指しましょう。

■不要品=ゴミ! 断捨離に必要なのは“捨てる決心”と決断力

モノを片付ける、捨てるという行為には、個々のパーソナリティーが反映されやすいもの。“捨てられない”心理の根底にあるのは、モノへの執着心。

断捨離には、不要品を捨てる決断力が重要です。まずは自分の持ち物を、本当に必要なモノと要らないモノに仕分けしてみることをオススメします。

そして、不要なモノ=ゴミという意識を持ち、潔く捨てる習慣を身につけましょう。

■なぜ片付けられないの? “捨てない理由”を捨てるヒント

なかなか断捨離できないという人には、「捨てられない」と思う理由があるはず。そんな“捨てない理由”を捨てるヒントをお伝えしましょう。

(1)「まだ使えるかも?」と思う場合は、この1年で使ったかを考えよう

壊れていないモノには「まだ使えるかも?」、使用頻度が低いモノには「いつか使うかも」という心理が働きます。

モノを大切にするのは大事なことですが、それは使っているモノに限ったこと。歳を重ねるごとに生活スタイルは変化するものですし、必要だと思っていたモノがよく考えてみたら不要だった……なんてことも。

また、買ってすぐならば分かりますが、購入して1年以上経つのに未使用のままのモノは、今後も使うことはほとんどないと考えてよいはず。

この1年で使っていないモノは、不要品と判断しましょう。

(2)値段が高かった=使用価値が高いではない

値段が高かったモノは、使用価値も高いような気になり、「もったいなくて捨てられない!」と思うもの。

ですが、高価だったとしても使っていなければ不要品です。

インターネットオークションやフリーマーケット、リサイクルショップなどで売るなどして、手放すことを考えましょう。

(3)思い出の品は、写真を撮って画像保存

大切な人からのプレゼントで貰ったなど、思い出があるモノにはかなり捨てる勇気が必要になるもの。

思い出はあるけれど、もう使えない、使う予定がないモノは、一旦目の前から無くしてしばらく生活してみてください。日常生活で視界から見えなくなると、案外思い出さなくなることもあるもの。

「あったことさえ忘れていた」となった場合は、思い出は心に留めて、迷わず捨てましょう。

どうしても愛着を感じるという場合には、写真を撮って画像として残しておくのもオススメです。画像保存しておけば、思い出に浸りたいときにいつでも見ることができますよ。

■部屋のものを捨てるコツ

片付けが苦手だったり、なかなか捨てられなかったりする人は、まずは毎日少しずつ目の前にあるゴミや不要な小物をひとつでも捨ててみてください。

習慣になると、周りがすっきりとした状態を気持ちよく自然とプラス思考に。運気が上がることが目に見えてわかるようになります。

それでは、捨てる習慣をつけるコツをご紹介していきたいと思います。

(1)気が付いたゴミはすぐに捨てる

“片づけて捨てる”という行為は何も大きな不要品に対してだけではないのです。まず、いまいる場所の目の前のゴミを無くしましょう。

そしてゴミ箱にゴミを溜めず、毎日空にすることを習慣にしましょう。毎日捨てるという行為を繰り返すだけで、“捨てる”ことへの罪悪感や“片づける”ことへの潔さが自然に身につくはずです。

(2)長時間過ごすリビングや寝室などをキレイにしておく習慣を

「長時間過ごすリビングは散らかさずモノを増やさないようにしよう」など、自分でいつもキレイにしておく場所を決めましょう。そしてまずはその場所からモノを少なくして、捨てていく習慣をつけるのです。

すると、自然と他の部屋もキレイにしたくなってくるでしょう。

(3)帰宅時に心地よいと思える状態をキープする

疲れて帰宅したときに心地よく片付いている部屋だと、リラックスできて翌日のやる気にもつながるもの。片付いた部屋=心地よいということを脳に記憶させ、片付ける習慣を実践しましょう。

■部屋の整理整頓は心の整理

“心が落ち着かないときには必ず部屋が散らかっている”ことが不思議と多いものです。

心の整理をすることで部屋も整理整頓できるとあれば一石二鳥。部屋を片付ける前に、悩みごとや不安、心配ごとなどに向き合ってみましょう。気持ちが落ち着けばスッキリして、片付ける気になるかもしれませんよ。

そして頑張って整理整頓をした部屋は居心地がよく、人の気持ちを前向きにクリアにしてくれます。するとまた整理整頓された状態にしておきたいという考えになり、良いサイクルができるのです。

■収納場所を定期的にチェック! 捨てる癖をつけるべきもの

家の中では、それぞれモノを置いておく場所が決まっていますよね。そんな収納場所をあまり見ない状態が続くと、モノは溜まりがちに。

収納場所を定期的にチェックして、捨てる癖をつけましょう。

(1)賞味期限切れの食品

たくさん買い込んで「そのうち食べる」と思っている食品が、キッチンに溢れていませんか? よく見てみると賞味期限切れだった……なんて経験は誰でも1度はありますよね。

ストックする量や個数を決めてそれ以上増やさないルール付けをして、定期的にチェックする習慣をつけましょう。

(2)台所調味料

スパイスや見慣れない調味料など、つい興味が出て買ってしまうこともありますよね。台所の調味料も意外と不要なものがゴロゴロとしているもの。

一旦、使用頻度が高い最低限の調味料だけに整理してみると、いかに不要なモノが多いかが分かるかもしれませんよ。

(3)溜まった雑誌

雑誌類は、読み終えた後も「また読むかも」などと思ってついつい溜め込んでしまいがち。“読んだら捨てる”ということを義務付けてみてもよいでしょう。

どうしても気に入っている特集やページは、写真に撮ったりスキャンしたりして、かさばらないデジタルデータとして保存しておくことをオススメします。

(4)ゴミ箱の中のゴミ

基本的にゴミ箱の中は、気づいたら空っぽにする習慣をつけましょう。ゴミ箱に入った時点で、それは“絶対に不要なモノ”。不要品がいつまでも停滞していること自体が問題なのです。

(5)着ない服、小物、アクセサリー

1年身に着けていない洋服、小物、アクセサリーは、ほぼ不要品確定です。ファッションには流行があるため、ずっと保管しておいたものをまた活用する確率はかなり低くなります。

裁縫が趣味でリメイク好きなら話は別ですが、断捨離する上で真っ先に処分すべきモノを言えるでしょう。

(6)化粧品サンプル

ついつい手を伸ばしてもらってしまう化粧品サンプル。半年経って使っていないものは不要品と見切りましょう。

(7)使用していない携帯電話

買い替えや機種変更を繰り返し、いつのまにか使えない携帯電話が溜まっていませんか? まさに無用なモノですので、即刻捨てるか携帯ショップへ持っていきましょう。

(8)財布の中の不要なもの

レシートや期限切れのクーポン券は、まさにすぐに捨てるべきゴミと言えるでしょう。1週間に1回など、財布の中を定期的にチェックしてスッキリとした使いやすい状態にしておきましょう。

(9)年賀状、手紙

年賀状や暑中お見舞いのハガキなど、溜め込んでいませんか?

年賀状を出す人は基本的に毎年出すもの。また来年が来るのですから、特別に思い入れがある手紙以外は、受け取ったときの気持だけを心に残して思い切って捨てましょう。

(10)家電の箱

また「引越すときに必要だから」などと、未定の引越しを想定して、押し入れに家電の空箱がいくつもしまってありませんか?

引越す前に家電が壊れてしまうことも十分あり得ますし、箱はいくらでも段ボールで代用できます。家電の箱=処分というルールを徹底してしまいましょう。

(11)メルマガ

メルマガを受信しっぱなしで放置しておくとメールボックスは一杯に。メルマガは決してかさばらないものですが、整理整頓を心がけ習慣づけることこそが大切なのです。

デジタルデータだからと言って例外ではありません。定期的にチェックして、読み終えたメールはゴミ箱へ入れましょう。

(12)今後連絡しない人のアドレス、電話番号

人との出会いが1番の財産という人も多いため、ほとんど連絡をとらない相手であっても携帯に登録してある電話番号やメールアドレスをなかなか削除できないという人もいるでしょう。

まずは一度きりしか会っていない人、ノリで電話番号を交換した人を整理してみては? 携帯電話の中にも“情報のゴミ”は潜んでいるのです。

■節約にもなる! “シンプルライフ”の心構え

モノを溜め込まないこと、片付けて捨てることを習慣として実行していると、自然と節約になることをご存知ですか? モノを増やさないことを心がけていると、余計な買い物をしないようになるためです。

節約もできる、無駄なモノを持たない“シンプルライフ”の心構えをお伝えしましょう。

(1)モノを買う前に考える

モノを買う前に、それが本当に必要なモノかどうかじっくり考えましょう。そんな思考パターンを習慣づけていくと、“衝動的に買ってしまう”ことが自然となくなります。

(2)把握できる量より在庫を多くしない

手持ちのモノが少ないと何をどれくらい持っているか把握できるため、足りないモノ、必要なモノが分かりやすくなります。すると無駄な買い物はしなくなりますし、必要なモノだけに囲まれて暮らす“シンプルライフ”に近づくことができますよ。

普段から整理整頓を心がけ、“不要なものは捨てる”習慣を身につけることが“断捨離上手になるコツ”だと言えるでしょう。