Grit & Grace──「リンカーンの党」を巡る戦い:連載「ザ・大統領戦」(12)

写真拡大

7月、フィラデルフィアで開催された民主党全国大会は、それまで同党の候補者争いを繰り広げたバーニー・サンダースやバラク・オバマはもちろん、ミシェル・オバマやハリウッドの大女優、シンガーらが登壇する場となった。

「Grit & Grace──「リンカーンの党」を巡る戦い:連載「ザ・大統領戦」(12)」の写真・リンク付きの記事はこちら

大女優、フィリーに立つ

2016年の民主党全国大会(Democratic National Convention:DNC)は、7月25日から4日間、ペンシルヴァニア州フィラデルフィア(愛称フィリー)で開催された。フィリーは、アメリカ建国当時、最も栄えていた都市であり、それゆえ憲法制定会議もここで開かれた。つまりアメリカ建国の原点である。そんな古都フィリーで今年のDNCが開かれたのは偶然だったのか、それとも運命だったのか。そんなことを思わずにはいられない4日間であった。

今回のDNCを最も象徴する存在といえば、2日目に登場した大女優のメリル・ストリープだろう。いきなり奇声を上げて始まった彼女のスピーチは、ヒラリー・クリントンへの期待にあふれていた。オバマ時代の国務長官とビル・クリントン時代のファーストレディ。そのどちらもがヒラリーであり、そんな勇気(Grit)と優美(Grace)を兼ね備えた彼女こそが、アメリカ史上初の女性大統領となるに相応しいと最大限の賛辞を送った。

そのメリルが身にまとったのが、アメリカ国旗である星条旗をあしらったドレスであった。延々と妻ヒラリーへのラヴレターのごときスピーチを語り続けたビル・クリントンのあとを受けて登壇したのがメリルであったのだから、彼女が一足早く大統領となるヒラリーの姿を演じてみせたのは間違いないだろう。なにしろオスカーを3回も受賞した大女優なのだから。そうでなければ、いきなりあのような咆哮を上げる必要もなかったろう。星条旗というアメリカの象徴を身につけた勇気と優美にあふれた大統領、それがメリルが待望してやまない女性初の大統領、ヒラリー・クリントンなのである。

実際、これは大会2日目の締めのスピーチとしてはまたとないものであった。DNCの4日間は、初日がバーニー・サンダース、2日目がヒラリー・クリントンに関わる人びとがそれぞれ登壇し、3日目にワンクッションおいて、オバマ大統領をはじめとした党の大物がスピーチし、最終日の4日目は、それまで会場に現れることのなかったヒラリーが登壇し、大統領候補者指名受諾演説を行うことで大会を締めくくる。そのような構成であった。

終わってみれば今回のDNCでは、神と愛国心、家族愛と郷土愛、信念と信仰といった、人が生きていく上で必要となる価値観が随分話題として取り上げられていた。いずれも従来ならばRNC(共和党全国大会)でこそ強調されてしかるべきアメリカ社会の伝統的価値であり、それを高らかに讃えたのが今年の民主党大会だった。共和党からその魂を奪いとったかのような4日間であった。

その意味でメリルが使った“Grit & Grace”という表現ほど、今年のDNCの雰囲気を伝えるものはなかった。勇気(Grit)に満ちた軍人と、優美(Grace)をまとったハリウッド女優。要所要所で現れた彼らの存在が、大会を熱狂的に盛り上げていた。

aflo_LKGH006789

大会2日目、登壇するメリル・ストリープ。PHOTO: AP / AFLO

ヒラリーを支えるクリエイターたち

長年にわたってハリウッドは、民主党の支持母体であり続けてきた。ハリウッドをつくりだしたのがマイノリティのユダヤ系であったからというのがよく聞かれる理由の一つであるが、それにしても今回の大会は、メリルの登壇に象徴されるように、いつにも増してハリウッドの影が、それも女性のハリウッドセレブの姿が目立つ大会だった。

民主党は、ビル・クリントンの大統領時代以来、「プロフェッショナルとマイノリティの党」へと変貌したといわれてきた。女優やプロデューサーは、クリエイターというプロの仕事に就く女性であり、まさに「プロフェッショナルとマイノリティ」の代表である。そして、その「プロの仕事に従事する女性」の最高峰たる大統領職にあと一歩まで迫ったのがヒラリーだ。6月上旬の予備選勝利の段階で「女性初の大統領候補として二大政党の一つから指名を受けることが内定した」ことが大々的に報道されたのも、ヒラリーが偉業の達成に一歩迫ったことを賞賛したい人びとが全米に多数存在していたからであった。

それにしてもGrit & Graceという言葉の選択は、いかにもハリウッドらしい。Gritは映画『トゥルー・グリット』で示されたような開拓時代を扱った西部劇を思い起こさせる。あの映画では主人公の一人である女の子が最後に最大級のGritを示してみせた。一方、Graceといえば往年のハリウッドでクールビューティーの名をほしいままにしたグレース・ケリーだ。モナコ王妃としてハリウッドを去った彼女はその名の通りGraceな貴婦人として振る舞った。こうした若干芝居がかった色合いが“Grit & Grace”という言葉の背後に見える。いかにもハリウッドらしい鷹揚さではないか。

メリル・ストリープのほかにも、女優のアメリカ・フェレーラ(ドラマ「アグリー・ベティ」主演)やレナ・ダナム(ドラマ「ガールズ」の製作・監督・脚本・主演)、今年初めて選挙登録を行った19歳のクロエ・グレース・モレッツ(映画『キック・アス』主演)も登壇した。『エイリアン』で戦う女性の代名詞となったシガニー・ウィーバーも登場し、今年は争点として少し影が薄い地球温暖化問題に対して毅然と戦う姿勢を示した。

ハリウッドの関わりの極め付けは、最終日に流れたヒラリーを紹介するヴィデオのナレーションが、もはや黒人の良心の代表となった感のある名優モーガン・フリーマンによってなされていたことであった。さらには、そのヴィデオをプロデュースしたのが、ホワイトハウスを舞台にしたポリティカルスリラードラマ「スキャンダル」を製作した黒人の女性プロデューサーのションダ・ライムズだった。現代のハリウッドで活躍する才女たちがヒラリーのバックアップに回ったのである。

aflo_KDNA080581

クロエ・グレース・モレッツは大会4日目に登場。PHOTO: UPI / AFLO

異質で多様な表現に挑むハリウッド

ここまでハリウッドセレブがヒラリーを支持するのは、ヒラリーがマイノリティとしてカテゴライズされる「女性」初の大統領となるから、という期待があるのはもちろんのことだが、しかし、それだけではない。ドナルド・トランプが主張する「PC(political correctness:政治的正しさ)などくそくらえ」という姿勢と、その姿勢に呼応して彼の支持者が公然と示す数々の「ヘイト」に満ちた言動に対する抗議の意味合いもあるからだ。

いままで多くの映像表現を生み出してきた映画/ドラマの聖地として、ハリウッドはその時々のアメリカ社会の潮流に敏感に反応してきた。特に近年では、製作の際、マイノリティに配慮し、時には従来の伝統的な価値観とは異なる価値やモラルを示すことも試みてきた。たとえば、王子が姫を助けるという定番の展開から逸脱し、姫=女性自身が自立し自らの足で歩く展開を描いた『アナと雪の女王』や『マレフィセント』などのディズニー映画の新機軸がその代表例だ。スタートレックのUSSエンタープライズ号の艦橋には、ミスタースポックという異星人(ヴァルカン星人)がいるのは当然として、地球人にしても、白人、黒人、ヒスパック、アジア系、ロシア系と多様な人種(race)が登場する。スターウォーズ最新作であれば、主人公の二人は女性と黒人であった。

このように異質(heterogeneous)で多様(diverse)な状況を設定し、さまざまな表現の可能性について挑戦しているのが現代のハリウッドである。もちろんすべての映画がそうであるわけではないし、ハリウッドの内部にも問題がないわけでない。たとえばアカデミー賞の選考者が白人男性ばかりであるのはフェアではない、という論争が近年繰り返されてきている。それでも異質性や多様性といった言葉は、21世紀のハリウッドでキーワードとなってきた。なによりハリウッド自身、グローバル展開を経験していることが大きい。制作陣も顧客もアメリカ国内の白人であった時代はもはや遠い昔だ。IT以後の世界で主流になるといわれきた「クリエイティヴ産業」の拠点として、シリコンヴァレーと双璧をなすのがハリウッドなのである。

そのハリウッドから見ればPCを端から無視し偏見を撒き散らすことを辞さない、むしろ助長しているのがトランプと彼の支持者である。だから本選におけるトランプとの戦いとは、ハリウッドからすれば「文化のあり方」を巡る戦いでもある。

奇しくもピーター・ティールがRNCで一蹴した「文化戦争」は、共和党のみならず民主党でも活動の原動力となっている。自分の外に生起するものに対する何らかの強い感情、すなわち「情念」は人びとを具体的な活動へと駆り立てる火種なのである。

その様子が最もよく観察されたのが、大会中にサンダース支持者が連呼した“Bernie or Bust!”を巡る動きだ。サンダース自身は、大会に先立つ7月12日にヒラリーの支持を公式に表明したが、しかし、彼の支持者たちは納得せず、大会当日になってもヒラリーを称えるスピーチにブーイングを浴びせ続けていた。そのあまりの大人気なさに、もともとはサンダース支持者であるが、打倒トランプのためにヒラリーの下で結束しようと呼びかけるために登壇した女性コメディアンのサラ・シルヴァーマンが呆れはて、思わず「あなたたち、バカなの?(’Bernie or bust’ people, you are being ridiculous.)」とこぼす一幕もあった。

もっともサンダース支持者の暴走が収まらないのも故なきことではなく、それは大会直前になって、予備選を仕切ってきた民主党全国委員会(Democratic National Committee)の19,000通もの電子メールがリークされ、そこに反サンダースの姿勢が記されており、その結果、委員長が辞任するに至ったからだ。共和党が、トランプのリアリティショー的志向でいまだにテレビ選挙をしているとしたら、民主党はサイバー選挙の只中にあることを示したことにもなる。ハッキングが大会の行方を左右する話題になってしまったのだから。

だが、その怒りの収まらないサンダース支持者を含めて、会場の雰囲気をガラッと変えたのが、初日の中盤に登壇したファーストレディのミシェル・オバマだった。8年前にホワイトハウスに移った直後の2人の娘の姿を振り返りながら、大統領を選ぶとは、今後4年ないし8年に亘る間、幼い子どもたちの人格形成に最も影響を与える人物を選択することなのだと述べ、争点を子供の未来をどのようなものにするか、という問いに変えた。そうして、打倒トランプという目的のもとで民主党の結束を固めることが大事であると示唆した。ミシェルの後にはエリザベス・ウォーレンやサンダースが続き、初日は予備選を通じて左寄りになった民主党のいまを確認するところで終わった。

aflo_LKGH010966

熱心なヒラリー支持者として知られるケイティ・ペリーは、壇上で新曲を披露した。写真はリハーサル中の様子。PHOTO: AP / AFLO

現代アメリカのダディ、ティム・ケイン

このように今回のDNCは、反トランプ陣営の欠席でトランプの一人舞台となったRNCとは対照的に、民主党のオールスターがこぞって登場する場となった。そのクライマックスは「ダディ・ナイト」と呼ばれた、男性スピーカーが揃い踏みした3日目だった。現職の副大統領であるジョー・バイデン、ヒラリーのランニングメイト(副大統領候補)で上院議員のティム・ケイン、前ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ、そして最後には大統領であるバラク・オバマと大物が続々と登壇した。

このうち最も今時の「ダディ(お父さん)」らしかったのがティム・ケインだ。73歳のバイデンはサンダースと同じサイレント世代らしい信念をもった「怒れる親父」としてトランプを罵倒するスピーチを行ったのだが、それとは対照的に、オバマと同世代の58歳のケインは、まるで子どもをあやすかのようにトランプのモノマネ(“Believe me!”)で茶化すタイプのスピーチを行い、「ダディ」のイメージがバイデンの世代とでは大きく異なっていることを象徴していた。

子どもを怒鳴りつけて指導する父ではなく、あくまでも子どもに好かれる親を目指す。その姿は、離婚も一般化し、親権の争いや、再婚による配偶者の連れ子とも家族となる「難しい」時代の父の姿でもある。ドラマのなかで、強い女性の妻の傍らで、子どもに嫌われることを極端に怖れ、できれば子どもに好かれたいと思う存在として描かれるのが、アメリカ社会の今時の父親なのである。

だからケインの位置づけは、Grit & Graceの影、文字通り「強い女性」の大統領が登場する時代のネガ(陰画)のような存在といえる。女性やマイノリティの台頭に対して、怒りを表明し暴れるのをためらわない白人男性がトランプ支持者のイメージであるとすれば、その真逆の、物分りがよく、女性の上司やマイノリティの同僚や部下ともなんの抵抗もなくおおらかに仕事をすることができる白人男性、そんな民主党の理想を地で行ってるような人物がケインなのだ。

実際、ケインに限らず、共和党の副大統領候補のマイク・ペンスもそうだが、今年の場合、ヒラリーにしてもトランプにしても大統領候補者の二人がともにエキセントリックであることを反映してか、副大統領候補はともに、両党のステレオタイプなイメージをまとった二人となった。その意味では、いまから副大統領候補によるテレビ・ディベートが楽しみだ。かたやPTA会長のようなケイン、かたや警察署長のようなペンス。忠犬対番犬、ゴールデンレトリバーとドーベルマンのマッチアップはどんな争いになるのか。

ただひとつケインについて補っておくと、彼は、2007年にバラク・オバマが大統領選に立候補した際、それまで互いに特に見知った仲でもなかったにもかかわらず、真っ先にオバマ支持を表明した一人であり、それ以来、オバマとのつながりが浅からぬ人物であることだ。オバマが大統領に就任して以後は、彼の当選に大きく貢献したキャンペーン組織であるObama for Americaを母体にしてつくられたOrganizing for Americaの運営を任され、同時に2009年から2011年まで民主党全国委員会委員長として選挙対策を担い、オバマ政権を背後から支えた。いわばオバマの盟友の一人である。

その人物が、オバマに続く大統領候補であるヒラリーのランニングメイトになった意図は、この先、おいおい明らかになっていくのだろう。オバマ自身もヒラリーの当選を、自分の8年間の成果がきちんとアメリカ社会に根付き「レガシー(伝説)」として語り継がれるためにも不可欠なことだと考えているからだ。その意味でケインは、白人ではあるもののオバマ・レガシーの継承者の一人といえる。

ちなみにオバマ・レガシーのもう一人の継承者といえるのが、黒人でニュージャージー州選出の上院議員であるコーリー・ブッカーだ。スタンフォード時代にアメフト選手として活躍し、ローズ奨学生としてオックスフォードで修士号を得、イェール・ロースクールでJD(法学博士号)を取得した俊英のブッカーは、大会初日に登壇した際、オバマ同様、エネルギッシュなスピーチを披露し、情熱的にUSAの理想を語っていた。アメリカの素晴らしさを、マイノリティだからこそ衒いなく主張できてしまうあたりは、間違いなくブッカーもオバマの継承者の一人である。

コンゲームを知るブルームバーグ

こうしたオバマとヒラリーを讃える空気が漂うなかで、まったく異なるアングルから、いわばトランプ叩きのためだけに登壇したのがマイケル・ブルームバーグだった。一時は第三党からの本選参戦も噂されていたブルームバーグは、民主党員ではないにもかかわらずDNCに参加し、インディペンデントの立場から、共和党支持者も含めて今回の選挙ではヒラリーに投票すべきだと熱弁を振るった。

トランプとの間にどのような確執があるのかはわからないが、同じニューヨーカーとして目の前で「コン(詐欺)」が行わればすぐにわかると話し、トランプがコンマン(詐欺師)であるとほのめかし、ニューヨーカーのようにスレていない人びとはその手口にころっとだまされるから気をつけろと示唆していた。もともとは民主党支持者であったが、ニューヨーク市長選に出馬する際に共和党に乗り換え、その後、共和党からも脱退しインディペンデントとなったブルームバーグは、その理由を、民主党と共和党だけが社会を変える力を専有できるわけではないからと述べ、自らの社会改革の意志を示した。

このように両党の内情を知った上でインディペンデントの立場を取った者からしても、トランプではなくヒラリーを支持すると強調した。ブルームバーグの言葉は、予備選を通じて中道から左寄りになり、トランプ支持者とは異なる意味でサンダース支持者が教条的に振舞っている現状で、ヒラリー支持に二の足を踏んでいるインディペンデントにとっては、よい緩衝材となったと思われる。

aflo_OWDG468250

壇上のブルームバーグ。PHOTO: REUTERS / AFLO

キズル・カーンの衝撃

こうしたブルームバーグの中道的立場の強調に対して、さらに右寄りに踏み込んだのが、最終日に集中した米軍関係者のスピーチであった。退役した四つ星将軍であるジョン・アレンのスピーチは、退役軍人から見たとき、どのような人物がアメリカ軍の最高司令官(Commander-in-Chief)たる大統領に相応しいのか、熟慮した結果、ヒラリーを支持するというものであった。彼の背後には白人だけでなく様々な民族からなる老若男女のヴェテラン(退役軍人)が数十名も控えており、あたかも兵士に訓話を垂れるような威圧感のあるスピーチだった。

だが、その将軍のスピーチ以上に爆発力を帯びていたのが、その直前になされたパキスタン系移民のキズル・カーンのスピーチだった。軍人であった息子を2004年にイラクで失ったカーンは、ムスリムでもアメリカ兵として祖国の為に尽くし犠牲を払った、ではあなたは何か犠牲にしたものあるのか?とトランプに尋ね、さらにそうした移民をも同胞として迎え入れるアメリカ憲法をあなたは読んだことがあるのか?と問いただした。

ハーヴァードでLLM(法学修士)を修め、弁護士として活躍している彼の言葉は、会場にいた聴衆だけでなく、テレビやウェブを通じて全米に波紋を与えた。DNC後のトランプとの応酬のなかで、Gold Star family(兵士の戦死者を含む家族のこと)に対するトランプの礼を失した態度に憤慨し、ヴェテランを中心に遂にはトランプに見切りをつけヒラリーを支持すると公表する共和党支持者も続出してきた。大会終了後、最もホットな大統領選の話題となっている。論者によっては、本選の大転換点となったと早々とみなす人も出てきている。なにしろ、本来ならば共和党の大票田であるはずの軍関係者が大挙して反旗を翻すかもしれないのだから。

実際、以前にも触れたように、大会前からNational Security(国家安全保障)の分野では、共和党の重鎮がヒラリー支持に傾いていた。National Securityとは軍事だけでなく外交や諜報も含むもので、さらにいえば国際経済もその盤上に乗る。第2次世界大戦前のドイツのハイパーインフレではないが、ある国の経済破綻は内政に混乱をもたらし、潜在的に軍事的脅威を引き起こしかねない。その意味で経済も含めたトータルプランがNational Securityには重要になる。軍を管轄する国防長官(Secretary of Defense)ではなく、外交をリードする国務長官(Secretary of State)を務めたヒラリーに軍関係者が賛同するのも、National Securityという観点からそれらは一体のものだからだ。

現代の「リンカーンの党」はどちらか

それにしても本選を迎えるにあたって、ここまで国務長官としてのヒラリーの経歴に焦点が当たるようになるとは思わなかった。もちろん相手がトランプだから、ということもあるのだろうが、メリル・ストリープの言葉にならえば、完全にGritがGraceを凌駕した印象だ。それはまたヒラリーを忌避する層が確実に存在する理由でもあるのだが。

これはティム・ケインのスピーチのなかでさり気なく触れられたことであるが、「リンカーンの党(Party of Lincoln)」を求める人は、共和党ではなく民主党に来なさい、という誘いの言葉が様々な意味でリアリティをもったDNCであった。共和党は、もともと南北戦争の前に、奴隷制反対の北部を中心に創設された。リンカーンはそのリーダーであり、それゆえ「リンカーンの党」とは共和党の別名であった。しかしトランプの下で、いまや共和党は、解放も自由も語る場ではなくなった。

それだけでなく、家族愛や愛郷心、あるいは信念・信仰といったものは、長らく共和党が語るテーマであった。しかし、それらもいつの間にか、民主党で語られるものとなった。そうした家族の価値を取り上げるのは、92年の大統領選のビル・クリントン以来のことなのだが、その意味でも2016年は、ビル・クリントンの始めたプログラムが完成した年であった。どうやらDNCの開催地が建国の古都フィリーであったことは、偶然ではなく運命であったようだ。

共和党のお株を奪いつつある民主党が、この後の本選でどのような振る舞いを見せるのか。本選当日まで残り90日を切ったいま、夏休みを終えた9月からのラストスパートに注目したい。果たして「リンカーンの党」としての栄誉はどちらに輝くのだろうか。