写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日産自動車は10日、走行性能を追求した設計とデザインにより、大胆なスタイリングと爽快なドライビングを実現したインフィニティブランドの新型スポーツクーペ「Q60」が、栃木工場で本格生産に入ったと発表した。

栃木工場は、インフィニティブランドが誕生した1989年から同ブランドの車両を生産。新型「Q60」の生産開始は、栃木工場の歴史において新たなページを刻むもので、この新型車の要件を満たすべく、生産ラインの改良を実施し革新的な生産プロセスを導入した。

生産ラインの改良は、プレスおよび組立工程を中心に実施。「Q60」の特徴である鋭いアングルとボディラインを実現させるために、深いボディプレス加工技術を採用したほか、「Q60」の特徴的な樹脂製トランクリッド用の新しい治具の設置などが行われた。品質管理のさらなる向上のため、検査工程に新しい照明システムや、組立工程へカメラ・ビデオシステムも導入している。

また、スチール製のフレームと樹脂製の外板が組み合わされたトランクリッドを高い品質で実現するため、生産、デザイン、開発の各チームが緊密に連携。これにより、インフィニティのデザイナーは、ひとつのパーツで形状をより自由に開発することが可能となっている。

「Q60」の新色である「ダイナミック・サンドストーン・レッド」は、機械と人間の手による塗装を組み合わせた新しい塗装手順が必要とされたため、新たに専用の塗装ブースを設置。新しい塗装ブースでは、塗装の厚さや品質をより緻密に管理できるようになっている。

栃木工場では、インフィニティの生産ラインのために、同工場で働く4,500名の中から、216名の高度な技能を有する熟練の職人「匠」を選出している。「匠」はプレミアムカーの生産に関する特別な訓練を受け、インフィニティとそのコアバリューに対して深い理解も有しており、プレス加工、車体、塗装、組立、品質保証といったQ60の生産ラインの全てのセクションで活躍。さらに、匠の中からプレミアムモデルの生産に最も精通した6名の「マイスター」が選ばれ、栃木工場におけるインフィニティの生産のあらゆる面を監督している。

(木下健児)