ロマンチックな惑星カクテルも♪天体観測ができる、期間限定カフェ&バー「星空テラス」

写真拡大

京都駅に隣接する「京都センチュリーホテル」では、夏季限定の屋外型カフェバー「星空テラス〜Cafe&Bar〜」が開催中です。当初は9月11日までの開催予定でしたが、好評につき9月19日までの延長が決まりました。惑星をモチーフにしたカクテルや本格的な望遠鏡で天体観測まで楽しむことができますよ。

心地よい風の吹く屋上ガーデン

「京都センチュリーホテル」はアクセス抜群の立地ながら、落ち着きのある雰囲気。
屋上にあるチャペルの前の庭園が、夏の夜限定で星空を眺められるカフェバーに変身します。隣接するビルの間を風が通り抜け、真夏でも夜はとても過ごしやすくなりますよ。

惑星をイメージした幻想的なカクテル

注目は何と言っても8個ある惑星の名をそれぞれ付けた「惑星カクテル」。ブルーやパープルなどの色のグラデーションがとても幻想的でロマンチックです。
「金星」はお菓子の飾りにも使われる「アラザン」を入れると、お酒がキラキラとゆらめいて遊び心たっぷり。今年新たに登場した「天王星」と名付けられたキウイシロップとブルーシロップのソーダは流行のメイソンジャーをグラスに使い、星形にカットされたレモンの皮がデコレーションされていて、いつまでも眺めていたくなるようなかわいさです。

惑星のカクテル8種のうち、「天王星」を含む4種はノンアルコールなので、お酒の苦手な人でも楽しめますよ。
ドリンクは飲み放題プランもありますが、単品での注文もできます。

ホテル自慢のローストビーフも味わえます

お料理は「飲むだけではなく食べることも楽しみたい」という人にも大満足のメニューがたくさんそろいます。
レストラン「オールデイダイニング ラジョウ」の看板メニュー「ローストビーフ」は真空低温調理でじっくり加熱することで、とろけるような柔らかさに。
フタつきのカゴに詰められた「嵐亭小鉢盛り合わせ」も季節の食材がふんだんに使われたバラエティ豊かなメニューです。
サービス料は価格に含まれています。

天体観測で夏の夜空を眺めて

チャペルの入り口には望遠鏡メーカー「ビクセン」の望遠鏡も設置され、晴れた日には天体観測をすることもできます。お天気に恵まれたらさまざまな惑星を見ることができ、季節や時間によっては土星の輪まではっきり見えるのだとか。星の見方は知識豊富なスタッフが親切に教えてくださいますよ。街なかで手軽に星空を眺められるなんて、貴重な体験ですよね。

8月24日と9月7日に開催されるイベント「Star Night Party」では、星空や宇宙の楽しみ方を教えてくれる「星のソムリエ」による講座も行なわれるので、よりいっそう星空を満喫できそうです。

ホテルのディナーの上品さと、ビアガーデンの気軽さを両方備えた雰囲気は、若い女性同士でも肩ひじ張らずに楽しめそうです。
大人気のイベントなので、早めの予約がおすすめですよ。

ことりっぷの最新記事