災害と都市デザイン──ニューヨークの「レジリエントな街づくり」への挑戦

写真拡大

ニューヨークのガヴァナーズ島に、4つの丘から成る新名所「ザ・ヒルズ」が誕生した。嵐や海面上昇から都市を守りつつ、市民たちの憩いの場にもなる空間だ。ニューヨークが、プロジェクトをともに手がけたオランダの建築スタジオから学んだ「レジリエントな街」に必要なこととは?

SLIDE SHOW 「災害と都市デザイン──ニューヨークの「レジリエントな街づくり」への挑戦」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-gi-phase-1-5-miles-of-cycleways-_-kreg-holt-1024x816

2/7新しく開設される自転車専用道路。
PHOTOGRAPH BY KREG HOLT

03-liggett-terrace-_timothy-schenck-1024x633

3/7市民たちの憩いの場になる「リゲット・テラス」。
PHOTOGRAPH BY TIMOTHY SCHENCK

04-the-hills-governors-island-timothy-schenck-10-1-1024x684

4/7「アウトルック・ヒル」は4つの丘の最高峰で、高さは20mを超える。遠景にマンハッタンが見える。
PHOTOGRAPH BY TIMOTHY SCHENCK

05-the-hills-governors-island-timothy-schenck-3-1024x684

5/7現在は建造途中だ。
PHOTOGRAPH BY TIMOTHY SCHENCK

06-schenck_governors_island_2016_05_26_dsc_40391-b-1024x615

6/7「ディスカヴァリー・ヒル」には、英国のアーティスト、レイチェル・ホワイトレッドのコンクリート作品「小屋(Cabin)」が設置されている。
PHOTOGRAPH BY TIMOTHY SCHENCK

07-liggett-play_kreg-holt-1024x819

7/7「リゲット・テラス」の構築風景。
PHOTOGRAPH BY KREG HOLT

Prev Next

INFORMATION

『WIRED』日本版、最新号VOL.24は「NEW CITY 新しい都市」 特集!

8月9日(火)発売の最新号『WIRED』VOL.24は「新しい都市」特集。ライゾマティクス齋藤精一と歩く、史上最大の都市改造中のニューヨーク。noiz豊田啓介がレポートするチューリヒ建築とデジタルの最前衛。ヴァンクーヴァー、ニューヨーク、東京で見つけた不動産の新しいデザイン。未来の建築はいま、社会に何を問い、どんな答えを探していくのか。第2特集は「宇宙で暮らそう」。宇宙でちゃんと生きるために必要な13のこと、そして人類移住のカギを握るバイオテクノロジーの可能性を探る。漫画『テラフォーマーズ』原作者が選ぶ「テラフォーミング後の人類が生き残るための10冊」も紹介する。そのほか、NASAが支援する「シンギュラリティ大学」のカリキュラム、米ミシガン州フリントの水汚染公害を追ったルポルタージュ、小島秀夫+tofubeatsの「未来への提言」を掲載!

ニューヨーク市マンハッタン島の南端から800mほど離れたガヴァナーズ島は、約70ヘクタールの全域が公園になっている。7月19日(米国時間)、このガヴァナーズ島に「The Hills」(ザ・ヒルズ)という新たな名所が登場した。

ザ・ヒルズは総面積4ヘクタールの4つの丘で構成され、風景やインスタレーション作品を楽しむことができるほか、遊び場やくつろげる空間があちこちに用意されている。同時にこれは、気候変動に起因する嵐や海面上昇から大都市を守るモデルでもある。

NPO団体「Trust for Governor’s Island」のレスリー・コッチ理事長によれば、2006年にザ・ヒルズの構想が浮上したとき、ニューヨークにはまだ「resiliency(回復力)」という言葉すら存在しなかったという。ニューヨークがハリケーン・サンディに見舞われた(日本語版記事)のは12年10月のことだ。

コッチ理事長らは07年、オランダの環境デザイン・設計事務所「ウェスト8」をプロジェクトのリーダーに選んだ。ウェスト8は、気候変動の脅威を考慮したデザインを手がけることで知られている。「わたしたちは誰よりも早く、『レジリエンシー』という言葉の意味をたたき込まれたのです」とコッチ理事長は振り返る。

関連記事ビャルケ・インゲルスのNYC改造計画

公園全体を高くせよ

まず、都市の安全を確保するため、公園全体の高さを上げる必要があった。海面が上昇すれば、沿岸の地下水に塩分が混ざり、植物が生きられなくなる。公園の木々を守るため、ウェスト8の設計責任者エイドリアン・グースはコッチ理事長らに、島の南部の約16ヘクタールを2〜4.5メートルほど高くする必要があると伝えた。

この辺りは浅い埋め立て地で、汽水(淡水と海水が混在した状態)に囲まれている。「この島は、海の中にあります」とグースは言う。「潮が満ちると、島の一部は海に沈むのです」

公園全体の高さを上げるというメッセージはなかなか理解されなかったが、グースは最終的にトラストを納得させた。「最初は、オランダ人のやり方なのだろうとしか思いませんでした」とコッチ理事長は振り返る。「しかし、何度かデータを見直し、その必要性を確信したのです」

丘を守れ

次に、丘の保護を行った。いまは美しい芝生の丘だが、下には建設廃棄物などが詰め込まれている。浸食を防ぎ、地形を安定させるため、丘を砂防マットで覆って高木や低木、草を植えた。

さらに、岩の防波堤を設置し、一部の丘をコンクリートでふちどった。海水が防波堤を乗り越えても海に戻るよう、沿岸には緩やかな傾斜が付けられている。丘そのものも、自然の防波堤として機能するようになるのだ。

ザ・ヒルズはもちろん、美しい公園でもある。なだらかな丘を登っていると、まだ見えない丘の向こうまで行ってみたくなる。起伏に富む丘の表面には、4万本以上の低木と3,000本近くの高木が植えられている。あえて大幅に「過植」したのは、吹きさらしの過酷な環境に耐えられない木を自然淘汰させ、栄養と土壌菌がたっぷりの土をつくるためだという。

自然のなかでどのように生きるか

「(ウェスト8とのプロジェクトを通して)結局、自然は変わらないのだということを学びました。重要なのは、どのように自然を止めるかではなく、自然のなかでどのように生きるかです」とコッチ理事長は言う。「ニューヨークのあらゆる開発プロジェクトで、このような考え方を取り入れていく必要があります」

農業工学の訓練を受けたグースにとっては、こうした考え方は当然のものだった。「わたしのプロジェクトの90パーセントでこうしたことを実践しています」。例えば、(ウェスト8が手がけた)オランダ・ペッテンにある「ニュー・ホンズボッシェ・デューンズ」は、砂の堤防ではなく自然の地形に見える。

「メディアでは持続可能性の概念が注目されていますが、わたしが好きな造園の世界では、持続可能性は19世紀のころから重視されています。持続可能性を考慮しなければ、どんなプロジェクトも成功しないのです」

ny

ニューヨークでは、イーストリヴァー沿いの地域を洪水から守るための計画も行われている。IMAGE COURTESY OF NEW YORK CITY

ニューヨークを海面上昇から守るための戦いはまだ始まったばかりだ。ニューヨーク市は、ハリケーン・サンディ直後の2013年、「再建復興特別構想」を立ち上げた。洪水を防ぐためのインフラ整備から、嵐に見舞われたときの飲み水の確保、建物の高さ制限の緩和まで、レジリエンシーを実現するための対策が列挙されている。現時点で、構想の大部分が進行中あるいは完了している。

米国グリーンビルディング協会ニューヨーク支部が立ち上げた「ビルディング・レジリエンシー・タスクフォース」は、ニューヨークのレジリエンシーの実現度を約50パーセントと見積もっている。

「わたしたちの望みに上限はありません。もっと安全でありたいと常に思っているのですから」。ニューヨーク市の広報担当者エイミー・スピタルニックは言う。「それでも、予算の確保とプロジェクト実行の両方において、期待以上に前進していると考えています」

ザ・ヒルズのようなプロジェクトはまた、レジリエンシーと人々の楽しみが両立することも示している。

RELATED