ニシンとカボチャのパイ(1日50食限定)¥1,480(税込)/画像提供:森ビル

写真拡大

【ジブリの大博覧会/女子旅プレス】東京・六本木ヒルズ展望台の東京シティビューにて、2016年9月11日(日)まで開催中の「ジブリの大博覧会〜ナウシカから最新作『レッドタートル』まで〜」を記念したオリジナルメニューの第2弾が2016年8月10日(水)より登場。ジブリの世界観を表現した「ニシンとカボチャのパイ」、「天空のかき氷」、「ドロップソーダ」の3品が加わった。

「ジブリの大博覧会」フード11種で作品の世界観を表現

◆ジブリファンには堪らない新メニュー


新たに登場した「ニシンとカボチャのパイ」は1日50食だけの限定メニュー。うま味たっぷりのニシンとホクホクのカボチャ、ブロッコリーをアツアツのホワイトソースで仕上げてパイ包みで焼き上げており、ベーコンとチーズの絶妙な味わいがアクセントに。パイ生地には、魚のイラストが描かれており、見た目にも楽しい一品だ。

下層のレモンシロップと、上層のメロンシロップの2つの味を楽しめる「天空のかき氷」は、氷にパチパチキャンディと宝石のようなブルーハワイゼリーをトッピング。

「ドロップソーダ」は懐かしいドロップ飴のドリンクに、ミントで風味付けをしてトニックソーダで割った爽やかな大人の味。ドロップに見立てたカラフルなグミが彩りを添えている。

◆ジブリが歩んだ汗と涙の30年間


「ジブリの大博覧会」は、1985年のスタジオジブリ設立から汗と涙の30年間に渡る歩みを体感できる特別企画。

「風の谷のナウシカ」から今年9月公開の最新作「レッドタートル」まで、これまでのジブリ作品がどのように生み出され、世に出て行ったのか。当時を振り返るポスターやチラシといった広告宣伝物を中心に、制作資料、企画書など未公開資料を含む迫真的数の資料が所狭しと展示されている。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■ジブリの大博覧会〜ナウシカから最新作「レッドタートル」まで〜


会期:2016年7月7日(木)〜9月11日(日)※会期中無休
時間:10:00〜22:00(最終入場21:30)※営業時間は今後変更になる可能性がある
住所:東東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ展望台東京シティビュー内スカイギャラリー
電話番号:03-6406-6652(六本木ヒルズ展望台東京シティビュー)

■Museum Cafe&Restaurant THE SUN&THE MOON


期間:2016年7月7日(木)〜9月11日(日)
住所:東東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー52階Museum Cafe&Restauran