頭のなかごっそり整理。東京から日帰りで行ける山へ

写真拡大 (全2枚)

これから自分がどうなっていくんだろう? とか、ぜんぜん進められない仕事のこととか――。

山へ行くと、雑多な情報が遮断され、あたまの中が整理されます。

「山は五感を研ぎ澄ませることができる場所」と語るのはヤマケイ登山総合研究所所長の久保田賢次さん。

8月11日の「山の日」制定を記念したグリナ®快眠イベントに登壇し、ビギナー向けの登山のコツを教えてくれました。

日帰りで行ける! 東京近郊おすすめの山

久保田さん曰く、初心者の人は「ケーブルカーやロープウェーを使って涼しいところまで上がってしまい、そこから歩き出すのがおすすめ」とのこと。

御岳山

新宿から1時間30分ほど。JR青梅線「御嶽駅」からバスに乗ってケーブルカー下へ。45分コースから2時間30分コースまで、目的や体力にあわせた周遊が楽しめます。

>>御岳山周遊コース

筑波山

新宿から約2時間ちょっと。つくばエクスプレス「つくば駅」からバスに乗ってケーブルカー乗り場へ。男体山から女体山へ続く道を楽しんだら、来た道を戻ることなくロープウェイで下ることもできます。山頂は夏とは思えないほど涼しい!

>>筑波山登山コース

気軽に行けるとはいえ、山の天気は変わりやすいし、具合が悪くなっても下山しないと病院はありません。雨具を用意したり、しっかり睡眠をとって臨んだり、事前の準備がなにより大切です。

「でもあまり恐れすぎないで。リスクがあるのも山の楽しみのひとつですから」と久保田さん。

自分のあたまで考えて、自分の選択を信じる――。

そんな当たり前のことが、山に行くと思い出されます。

山の日は山へ!

写真/PIXTA 文/グリッティ編集部