写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インターネットイニシアティブ(IIJ)は8月10日、クラウド型企業向けメールセキュリティサービス「IIJセキュアMXサービス(セキュアMX)」の機能を拡充し、悪意あるメールを無害化する「メール無害化オプション」を10月1日より提供すると発表した。

セキュアMXは、ウイルス・スパム対策や情報漏えい対策、コンプライアンス強化、メールシステムのフルアウトソースまで対応したクラウド型メールセキュリティサービス。

総務省では地方自治体に対して、情報セキュリティ対策の抜本的強化を求めており、その一環として推進されている「自治体情報システム強靭性向上モデル」では、自治体間の専用ネットワーク(LGWAN:Local Government WAN)とインターネット接続系のネットワークを分離することが求められており、インターネット経由のメールをLGWANに取り込む場合には、添付ファイルの削除など、メールの無害化を行うように提言している。今回、同社は自治体情報システム強靭性向上モデルへの対策に有効なサービスとして、同オプションを開発したという。

メール無害化オプションは、受信した添付ファイル付きメールやHTMLメールを複製し、そのメールに対して「添付ファイルの削除」「HTMLメールのテキスト化」「URLリンクの無効化」を行ない、無害化したうえで、LGWAN接続系メールサーバに配送するもの。また、オリジナルメールは、ユーザーが用意する専用のメールボックス、セキュアMXのメールボックスオプションを利用する場合は、セキュアMXのメールボックスに配送される。

Web閲覧サービス「IIJ GIOセキュアブラウジングサービス」と組み合わせて利用すると、オリジナルメールの添付ファイルについても、ブラウザの画面情報のみが転送・表示される仕組みにより、安全に確認することが可能だという。 なお、セキュアMXの利用価格は個別見積もりとなる。

(山本明日美)