小学館が、女性向けファッション誌「AneCan」を11月7日に発売される12月号をもって休刊することを発表した。 「AneCan」が休刊の画像を拡大

 同誌は「お姉さん系 CanCam」として 2006年に年2回の刊行を経て、2007年3月から月刊誌として創刊。「CanCam」で活躍した押切もえ、蛯原友里をメインモデルに起用し、30代の女性に支持を得た。小学館は「昨今の読者ニーズや広告環境の急激な変化」を理由に休刊を決断。今後は、同誌が培ったブランド力とノウハウをいかし、「読者のライフスタイルに寄り添った新しい形でのビジネスを検討していく」という。また、ウェブサイト「AneCan.TV」は引き続き運営される。