最近は東証一部にも上場し、勢いに乗っている名古屋発の喫茶店チェーン「コメダ珈琲店」の北海道初店舗が2016年8月10日にオープンした。モーニングやシロノワールと言った看板メニューを求めて、多くの人が訪れた結果、初日から長い行列が形成された。

ついに北海道にコメダが上陸!(hirotomo tさん撮影、flickrより)

王将上陸時にも徹夜組はいた

北海道での1店舗目となったのは「東札幌5条店」だ。地下鉄東西線東札幌駅から、およそ5分ほどと、駅からのアクセスも悪くない。

嬉しさを抑えきれなかったのか、なんと徹夜で開店を待った猛者もいた。

前日の夜11時から並び始めたというツイッターユーザーは無事に最初の入店者となり、モーニングやシロノワールを堪能したようだ。

ちなみに、餃子の王将が2011年に上陸したときも、徹夜で開店を待った人がいたようだ。当時は真冬だったらしく、それに比べると今回の徹夜はそれほど無謀ではないのかもしれない。とはいえ前日から待ち続ける精神力は凄まじい......。

また、待ちに待った上陸かつ夏休みということもあってか、店舗の周囲には長い待機列が形成されている。しばらくは入店まで時間がかかる日々が続くと見られるため、少し時期を外してから向かう方がスムーズに行くかもしれない。