つい許しちゃう彼女の可愛いワガママ5つ(photo by gpointstudio/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】ワガママを全く言わない女性は、男性に愛されません。もちろんワガママにも限度がありますが、適度なワガママは男性の心に刺さり、可愛いなーと思われるのです。そこで今回は、そんな男性がつい許しちゃう彼女の可愛いワガママをご紹介します。

【他の記事を見る】男性が「気が合うな」と感じる瞬間5つ

♥会いにきてほしいなー


会えない時間が増えていくと、ふと相手のことを思い出したり、すごい会いたくなってしまう時がありますよね。

そんなしばらく会えてない時は「会いにきてほしいなー」と言ってみましょう。

脅迫するかのように、圧をかけて言うのではなく、彼とのLINEや電話などの中でさりげなく伝えてください。

可愛く伝えることが出来れば、彼も仕事を頑張って早く終わらせて会いにきてくれるかもしれませんよ。

自分のその日のスケジュールを頑張って済ませて、駆けつけてくれるなんて、とても嬉しいことですよね。

♥好きって言ってほしい


普段から「好き」の言葉をいつも求めてしまったり、「好きって言って」と言っていたりすると、重く感じられてしまうもの。

なので、彼から最近「好き」という言葉を聞いていないなーと思った時に言ってみましょう。

また、デート終わりのバイバイする時などに言うのも効果的です。

普段全く「好きって言って」なんて言ってこない彼女からこんなこと言われたら、彼は確実にキュンキュンします。

「好きだよ」と言いながらあなたを抱きしめてくれるかもしれませんよ。

また、目を見てストレートに言うのではなくて、ちょっと恥ずかしながら上目遣いで言うのがオススメです。

♥お家まで送ってほしい


彼女をお家まで送るには当たり前だと考えている男性も多いかと思いますが、全員がそう考えているわけではありませんよね。

お家の方向が全然違うのに、遠回りになってしまうのを分かっているのに、彼女から「お家まで送ってほしいな…」なんて言われると男性はキュンとするそうですよ。

送ってもらって当たり前という考えを持っている女性よりも、こんな風に可愛くワガママを言ってくれる女性の方が、男心をくすぐるもの。

お家との距離などからちょっと面倒な場合でも、その可愛さに負けて送りたくなってしまう男性が多いのです。

夜遅くなってしまった時などは可愛くお願いしちゃいましょうね。

♥かまってほしい


デートしている時、彼が全然構ってくれない時に言ってみましょう。

しかし、「かまってかまってー」などとしつこく言うのはNG。

「かまってほしいな…」としょんぼりしたような表情で言うのが、効果的ですよ。

彼の服をツンツンしながら「ゲームばっかりやらないで私にもかまってよー」なんてワガママを言っちゃいましょう。

♥もうちょっと一緒にいたい


夜中電話をしている時や、デートを終えてもう帰ることになった時に、「もうちょっとだけ一緒にいたい…」「もうちょっとだけ声を聞いていたい…」などと言ってみましょう。

男性は「もう少しだけ」という言葉に弱いので、そんなあなたのワガママを受け入れるはずですよ。

また、「もうちょっと一緒にいたい…だめ?」と上目遣いで言うと、さらにキュンキュンさせることができるでしょう。

いかがでしたか?

ワガママには限度があって、度を過ぎてしまうと、可愛くもなんともない、ただのワガママな女と思われてしまうもの。

さじ加減が大切ですよ。

「ワガママな彼女」ではなくて「ワガママだけど可愛い彼女」と思ってもらいましょうね。(modelpress編集部)