村岡歯科医院・院長の小林優氏

写真拡大

 これまで『週刊ポスト』では、ジャーナリスト・岩澤倫彦氏による歯科治療のタブーに斬り込むシリーズ記事を度々掲載してきたが、全国の歯科医たちから賛否両論が噴出している。

 そこで今回は、編集部や筆者に意見を寄せた、あるいはネット上で記事の批評を掲載していた歯科医を緊急取材。論争テーマへの率直な意見と、歯科業界の実状を本音で語ってもらった。それによって、見えてきたインプラントに関する問題の核心とは──。

 まず今回、本シリーズへの見解を聞いた歯科医を紹介する。

 埼玉の大月晃氏(大月デンタルケア・理事長)は、歯科医7人、歯科衛生士16人を擁する、大規模な予防歯科クリニックを経営する。筆者のSNSに批判的なコメントを書き込むと同時に「この業界には医療人としてのマインドが不足している人もいる」と心情を明かした。

 神奈川の長崎祥吾氏(ワコ歯科・矯正歯科クリニック院長)は、文系大学を卒業してスーパーの野菜販売を担当した後、歯科医となった経歴の持ち主。「個人的に反論させて頂きたい部分がありますので、取材をして頂けないでしょうか」というメールを筆者に寄せた。

 東京の小林優氏(村岡歯科医院・院長)は、歯を残す決め手となる根管治療のエキスパート。最新鋭のマイクロスコープなどを駆使、海外の歯科医との交流も深い。記事の主旨に一定の理解を示しつつも「歯科医の多くが、一生懸命にやりたくてもできないほど追い詰められている時代」と語る。

 大阪の米畑有理氏(歯の花クリニック・院長)は、削らない治療をポリシーに、自由診療を基本とした女性スタッフだけのクリニックを経営する。「あくどい歯医者ばかりではありませんが、そういうことができてしまう仕組みが悪い」と複雑な心中をブログに記した。

 * * *
「8020運動」とは、80歳になっても20本以上自分の歯を保とうという、国と日本歯科医師会が推進している運動だ。多くの人がいつまでも自分の歯でみたい、と願っているはず。

 シリーズ第2弾では、60代の女性が自分の歯を残したいと歯周病治療を掲げている都内のクリニックを訪ねたところ、上あごに残っていた8本の歯をすべて抜歯、オール・オン・4(※注/4本の人工歯根で上の歯の12本を支えるタイプのインプラント)という技法のインプラント治療になったケースを紹介した。

 費用は360万円。さらに女性は10年後、インプラントの一部に破損を見つけ、補修に約100万円かかると知り、愕然としたという。

 そのクリニックが作成した治療計画には、こう記載されていた。

〈一生に亘る心身の健康に役立つ根本的な治療〉
〈一生歯を残す原則 削らない(神経を)抜かないを守り通す〉

 筆者はこのクリニックについて、歯を残したいという患者の切実な願いを裏切った、背徳的な行為として捉えたが、異なる見解を示したのは大月氏と長崎氏である。大月氏はこう語った。

「患者の主張だけで報道するのは、偏っている印象を受けます。よくできている治療計画に見受けられますし、暴利ということもないように思います。

 週刊誌で断罪するのは、この歯科医師に対してもアンフェアーですし、本来の医療的観点からインプラントをすることが正しいであろう、と思われる患者が正しくない根拠から忌避することになれば、それも患者の利益になりません」

 長崎氏の言い方はこうだ。

「通常の歯科医療では10年もてば十分良かろうと。患者にとっては100万円、200万円を払って入れたものが一生保つと思っても、それを責められませんが、歯医者の側からみると、いまピンピンしてる人も10年後には白髪も増え、お腹も出て、目も見えなくなる。人それぞれ老化していく。そういうのを医療ミスだといわれても困ってしまう」

 このケースは、患者とクリニックの関係が継続していたので、クリニックを取材することは患者にとって不利益が生じる可能性が高いと判断した。

 一方、たとえ歯科医が妥当な治療法だと判断しても、莫大な費用を負担するのは患者本人。小林氏は治療計画に記された、ある言葉に疑問を呈した。

「一生歯を残す、という言葉はダメですよ。この歯科医は詐欺師だと言われても仕方がありません。だって、“一生”と書いてあれば、患者は安心してサインしちゃいますよ。確かにインプラントは虫歯にならない。でも歯周病にはなる。医者の根本の倫理観をなくしていますね」

 米畑氏も同様だ。

「医学的な観点でいうと、インプラントも歯周病みたいな状態になることがありますから、(治療計画で)歯周病から解放されますみたいな話はおかしいと。むしろ、そっちを突っ込みたくなります。

 まともな先生なら、なぜ歯を残すことが難しいのかを説明し、歯を残す根管治療とインプラントの両方の選択肢を示すはずです。本当に金儲けでやってる先生もいるので、疑問を感じたらセカンドオピニオンを受けることを勧めます」

※週刊ポスト2016年8月19・26日号