お墓の引っ越しの一般的な流れ

写真拡大

 墓じまいは行政の手続きが煩雑なうえ、菩提寺との交渉も一筋縄ではいかないことが多い。こうした中、破格の値段で全てを請け負う「改葬代行サービス」を行うベンチャー企業が現れた。

「実家の墓が遠方で、両親亡き後の墓参りが大変」「子どもがおらず承継する人がいない」。そんな場合には、今ある墓を引っ越しして近くの墓地に納めたり、承継の必要がない合葬や永代供養墓、海洋散骨、樹木葬などを利用したりするのが有力な選択肢だ。

 とはいえ、墓から遺骨を取り出して別の場所に移す改葬の手続きは簡単ではない。特に難航するのが菩提寺との交渉だ。高額な「離檀料」を請求されトラブルとなるケースもある。

 東京に住むAさん(男性、59)は、大阪に住む父が亡くなった際、相談なく公営の葬儀場と火葬場を手配したことで住職の怒りを買ってしまった。それ以来、住職は納骨や法要のお布施に法外な「最低金額」を指定してくるようになった。

「あまりに非常識な額なので払わずにいたら、『先祖のバチが当たる』などと脅してくるように。母親が精神的に追い詰められてきたので、檀家をやめて墓を移転させることを決めました」

 Aさんが離檀を告げると、住職は「許可しない」と言い、高額な離檀料を請求してきた。改葬許可に必要な埋蔵証明書を出してくれないため、役場で事情を話したところ許可証を出してもらえたという。

 しかし、墓を開けようにも住職は境内に立ち入るなと通告してきた。そこでAさんが弁護士を立て訴訟を起こしたところ、住職は閉眼供養を条件とする妥協案を提示してきた。

「供養はするが、この住職にはさせたくない」

 Aさんは僧侶派遣サービスを利用して閉眼供養し墓を撤去、東京の墓地に父と先祖の遺骨を納めた。

「宗教は心の安寧を得るもののはずなのに、伴侶を失ったばかりの年老いた母に大きなストレスを与えたことが許せない」

 先祖代々付き合ってきた寺に自分で「別れ」を切り出すのは気が重いものだ。核家族化や少子高齢化でライフスタイルが多様化する中、こうした寺とのトラブルがあとをたたない。

 そんな中、追加費用なしの葬儀「小さなお葬式」でシェアを急拡大しているベンチャー企業、ユニクエスト・オンラインが、寺など移転元の墓地管理者との交渉を含めた墓じまいの手続きすべてを代行する業界初の「改葬代行サービス」を10月に開始する。

 本来、墓じまいをするには、今ある墓地の管理者から「埋蔵証明書」、移転先の墓の管理者から「受入証明書」を出してもらい、これらを市区町村役場に提出して「改葬許可証」を請求する必要がある。

 許可証をもらって墓を開く際は、魂を抜く「閉眼供養」を行い、墓石を撤去して整地したうえで管理者に返却する。墓石を新しい墓地で使う場合は運搬、使わない場合は処分の手配も必要だ。そして、出した遺骨を移転先のお墓に持っていき、魂を入れる「開眼供養」をして納骨するという流れが一般的だ。

 移転元が公営の霊園であれば埋蔵証明書は事務的に発行されるが、寺の墓地だと一筋縄ではいかないことも。納得いかない離檀料を請求されても断れない人も多い。

●寺との交渉を代行

 ユニクエスト・オンラインが始める墓じまい代行サービスでは、寺など移転元との離檀の交渉から行政手続き、墓地の撤去・整地、洗骨、遺骨の配送までを代行する。依頼者は料金を支払い、移転元の寺や霊園の連絡先など必要な情報を提供すれば、原則として何もする必要がない。しかも同社では、「離檀料ゼロ」での改葬を目指すという。

「離檀料は違法性が高く、各宗派の本山も多くは認めていないので、きちんと説明すれば離檀料なしで話をまとめることは可能と考えています。難航した場合は必要に応じてお客様に交渉に加わっていただく可能性はありますが、当社がリードして手続きを完了させます」(和田翔雄取締役)

 閉眼供養をする場合のお布施は別途必要になるが、1坪以内の墓地であればなんと21万円(税込み)の全国統一価格だ。永代供養墓や海洋散骨付きのプランを希望する場合は28万円(同)で対応する。

 核家族化と少子高齢化で「寺離れ」が進み、経済的に苦境に陥る寺が多いことも改葬トラブルにつながっている。葬祭カウンセラーの二村祐輔氏はこうアドバイスする。

「護持会費の支払いなど檀家の義務を果たしていればトラブルに発展することはまれ。無縁墓になって放置されたら困るのは寺なので、萎縮したり感情的になったりせず、ビジネスライクに話を進めましょう」

 そのうえで、長年世話になった感謝の気持ちとして数万円の離檀料を包むのもスマートな解決策の一つだという。

 寺との話がまとまっても、その後で思わぬ苦労をする人も少なくないようだ。神奈川県に住む自営業のBさん(男性、58)は、車で2時間かかる実家の墓を、近くに移すことを決めた。移転先の寺の格が低いと住職が応じないという噂を聞いたので、本山の寺に墓地を求め、指定された15万円の離檀料で離檀することになった。

 ところが、実家の墓にはなんと11人もの先祖が「土葬」されており、新しい墓は火葬された骨しか埋葬できない規則になっていた。火葬場に頼むと、土や砂を事前に落としておくよう指示された。洗骨業者に問い合わせると、時間も費用も相当かかるというので、Bさんはブラシを使って自分で土を落として焼骨し、ようやく新しい墓に納められたという。

「人数が多く手続きも煩雑。4回も帰郷する羽目になりました」

 自分で改葬するには、寺との交渉に加え、役場で書類を取り、石材店などに墓石の撤去や廃棄、整地までを依頼する必要がある。全国優良石材店の会によると、一般的な広さの墓地の撤去費用は都市部で50万〜60万、地方で20万〜30万、墓石の処分には5万〜10万円程度が相場という。

●無縁墓にしない責任感

 こうした費用と手間を節約できる墓じまい代行サービスはすでに人気を博しており、墓石のネット通販を手がけるまごころ価格ドットコムでは、行政手続きと墓地の撤去・整地、洗骨、遺骨の配送までを36万8千円(税別)で代行する「墓じまいまごころパック」を販売している。

 寺との交渉はしないが、自宅に遺骨の一部を置いて供養するためのコンパクトな納骨家具が含まれ、「いつでも手を合わせることができる」と好評だという。不要になった墓石の一部をメモリアルプレートにしてくれるオプションもある。

「合葬してしまうと親御さんだけのお墓はなくなってしまうので、遺骨や墓石の一部を自宅に置いておくのはおすすめです」(石井靖社長)

 自分の代で墓を閉じることに罪悪感を覚える人も多い。石井社長は、そんな人たちにこうアドバイスする。

「墓じまいは決して先祖の軽視ではなく、無縁墓にしないという責任感の表れ。親や先祖に対しても胸を張れることだと自信を持ってほしい」

(ライター・森田悦子)

AERA 2016年8月15日号