写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IDC Japanは8月10日、国内コンバージドシステム市場の予測を発表した。これによると、2016年の国内におけるコンバージドシステムの出荷額は前年比11%増の480億6800万円と予測している。

コンバージドシステム市場は、インテグレーテッドプラットフォーム、インテグレーテッドインフラストラクチャ、およびハイパーコンバージドシステムといった3つのサブマーケットに細分化されている。

インテグレーテッドプラットフォームはサーバ、ディスクストレージシステム、ネットワーク機器、管理ソフトウェアに加え、ほかのソフトウェアを追加したり、追加したソフトウェアにシステムを最適化したりしている。追加されるソフトウェアはアプリケーション開発用ソフトウェアやデータベース、テストツールや統合ツール、業務アプリケーションなどがある。

インテグレーテッドインフラストラクチャは用途を限定せずに分散型のワークロードを広くサポートできるように構成されており、インテグレーテッドプラットフォームとの相違点は特定のワークロード向けに最適化していない点が挙げられる。また、ハイパーコンバージドシステムはサーバベースのハードウェアを高度に仮想化して、単一のサーバベースハードウェアにより、コンピュートおよびストレージ機能を提供する製品だ。

2016年のサブマーケット別では、インテグレーテッドプラットフォームが前年比1.0%減、インテグレーテッドインフラストラクチャが同0.1%増、ハイパーコンバージドシステムが同105.5%増を見込んでいる。

ハイパーコンバージドシステムは、インテグレーテッドプラットフォームやインテグレーテッドインフラストラクチャが持つ導入メリットである「導入容易性」「導入工程の短縮」「システムの安定稼働」「ワンストップサービス」に加え、「スモールスタート」「柔軟性/拡張性」といった特徴を持つ。

このような特徴により、相対的に導入規模の小さい企業や事業拠点、競争環境の変化が大きい業種/業態において採用が進むと同社では想定している。2020年の国内コンバージドシステム市場は698億9600万円と予測しており、2015年〜2020年の年間平均成長率は10.0%を見込んでいる。

ハイパーコンバージドシステムの高成長は2016年〜2020年の全予測期間を通じて持続し、支出額で二桁台の成長率を維持する見通し。一方、インテグレーテッドプラットフォームやインテグレーテッドインフラストラクチャの支出額は、ほぼフラット、もしくは数%程度の成長率にとどまると予測している。

(岩井 健太)