「WiFi解禁は証拠写真を送る時」ママが考案した子どもにお手伝いを促す方法が秀逸

写真拡大

学校では、「夏休み中、子どもたちに家のお手伝いをさせましょう」などと言われる。

しかし「手伝え」と言って手伝ってくれれば苦労しない。

子どもに手伝いをさせる方法

なかなか言うことを聞かない子どもを前に、ママやパパのストレスは溜まる一方ではないだろうか。

そんな中、ある母親が考え出した、子どもたちに手伝いを促す方法が「賢い」と注目を集めている。

WiFiのパスワードがカギ

まず必要なのは、お手伝いとは何の関係もないようだが、家のWiFiのパスワードをこまめに変えること。

そして母はこんな貼り紙を提示した▼

Aatrox94/Imgur

Aatrox94/Imgur

これは子どもたちへのメッセージである。

内容はおよそ以下のとおり。

今日は、きれいに片付いたキッチンの写真をママにメールで送る時に、WiFiのパスワードを教えます。

以前の写真を使い回すことがないよう、掃除が終わったら、コンロ脇のカウンターにクラッカーの箱を置くのを忘れずに。

健闘を祈ります!

ママより

Aatrox94/Imgurより引用

一石二鳥のアイデアが注目の的に

こうしておけば子どもが率先して手伝いをしてくれる上、彼らがネットやゲーム三昧になるのを防げる、まさに一石二鳥のナイスアイデアである。

しかも子どもたちがズルをしないように、先手まで打ってある。

Imgurに投稿されたくだんのアイデアは、閲覧件数も20万件を超え、

うちの親は「ゲームばっかりしてないで部屋片付けろ!」「外に遊びに行け!」って連呼してたな。お子さんがフォトショップの使い方を覚えないよう祈ってます。悲しいかな、子どもには効果てき面でしょうね。彼らはネットなしでは生きていけないから。私もやってみよう。母ちゃん、怖い…親って大変だな。うちの親がデジタル音痴で良かった。

といったコメントが寄せられ、大きな反響を呼んでいる。