面白そうです

写真拡大

日本ではなじみの薄いカヌースラローム・カナディアンシングルで、羽根田卓也選手が日本人で初めてメダルを獲得した。羽根田は初出場の北京五輪では初戦敗退、ロンドン五輪で7位入賞、3度目の五輪で銅メダルを勝ち取った。

羽根田は「すごい1日になりました。こういう大会で表彰台にのぼれたことは誇らしいですよ。3位に決まった瞬間、涙が出てきました」を喜びを語った。

300メートルの激流で20個のゲートを通過

カヌースラロームは300メートルの激流コース中に設けられた20個ほどのゲートをカヌーで通過しながらタイムを競う。ゲートは緑と赤の2種類があり、緑のゲートは下り、赤のゲートは流れに逆らって上りながらゲートを通過する。バランスを崩さず、小さくターンしスピードに乗れるかが勝負の分かれ目で、ゲートのポールに触れると2秒のペナルティー、ゲートを通過できないと50秒のペナルティーとなる。

羽根田は、10日(2016年8月)午前2時から行われた準決勝で6位通過。決勝で10人中5番手で出場した羽根田はペナルティーなしの97.44で銅メダルが決まった。

強豪スロバキアの大学にトレーニング留学

愛知県出身。9歳から父親の影響でカヌースラロームを始め、高校を卒業すると強豪国であるスロバキアの大学に留学しトレーニングを積んだ。リオの特設スタジオで羽根田は「夏はトレーニングで欧州にいるので、日本に帰ることがあまりないんです。日本に帰ったら浴衣を着て夏祭りに行きたい」と語った。

キャスターの近藤春菜(ハリセンボン)「失礼ながら、(カヌースラロームを)存じ上げず反省しています」

アトランタ五輪から6大会を取材しているというスポーツジャーナリストの生島淳氏ですら、「まったくノーマークでしたね。現場に行ってもカヌー自体をテレビで見ることもない。今、見ると激流の中で競う魅力に改めて自分の不明を恥じるばかりです」

評論家の宮崎哲弥も「こうやって見ると、この競技を楽しみたいと思いますよ。そういう効果が五輪のメダル獲得にはあるんですよね」

司会の加藤浩次加藤が「人工のコースができるといいですね」