写真提供:マイナビニュース

写真拡大

主婦の友社はこのほど、『炭水化物を食べてもやせる! レジスタントスターチ式ダイエット』(1,000円・税別)を発売した。

同書では、炭水化物を冷まして食べるという新理論「レジスタントスターチ式ダイエット=冷やごはんダイエット」の実践方法とメリットを紹介している。同書を監修した池谷敏郎医師も、レジスタントスターチ式ダイエット でマイナス12kgの減量に成功したという。炭水化物を食べることができるため、糖質制限ダイエットに挫折した人にもおすすめとのこと。

「レジスタントスターチ」とは、でんぷんの一種のこと。ごはん、パスタ、うどんなどを冷ますと、その中に含まれる炭水化物が、レジスタントスターチという「ヤセ成分」に変身するという。

普通、でんぷんは小腸で消化されて血糖値を上げる働きをするが、レジスタントスターチは小腸で消化されることなく大腸まで届き、食物繊維と同じような働きをするとのこと。腸内の善玉菌が増えて腸内環境が整うため、便通がよくなり、体内の有害物質を排出する効果もあるという。

また、レジスタントスターチは普通の炭水化物よりも消化吸収されにくく、カロリー量も低いという特徴もある。食べるだけでカロリーを消費するという性質もあるので、体内で脂肪が合成されるのを抑える効果もあるとのこと。さらにレジスタントスターチは「低GI食品」のため、食後の血糖値が上がりにくいという。

レジスタントスターチを手軽に摂り入れるには「冷やごはん」がおすすめとのこと。温かいごはんより噛(か)みごたえがあるため、より満腹感を感じやすくなり、自然に食べ過ぎを防ぐこともできる。

同書では、レジスタントスターチの基礎知識、レジスタントスターチ式ダイエットハウツーのほか、レジスタントスターチを効果的に摂取できるレシピも紹介している。

(フォルサ)