日本はコロンビアとの第2戦で2点のビハインドから追いつき、勝ち点1をもぎ取ったことで辛うじて決勝トーナメント進出の可能性を残し、スウェーデンとのグループステージ最終戦を迎える。もっとも、日本は現在勝ち点1で、グループ3位タイ。たとえスウェーデンを下しても、コロンビアがナイジェリアに勝ってしまえば、日本の敗退が決まってしまう。

 だが、そんな状況にあってもチームに悲壮感はない。元来ポジティブな手倉森誠監督が、「他力本願だけど、可能性を残したことで何かしでかしそうな雰囲気がある。"ドラマチックジャパン"がいよいよ勝つときが来た」と語れば、「アジア予選も勝てないと言われてきた中でアジアを制した。僕らはずっと逆境を跳ね返してきた」とMF遠藤航も前を向く。

 コロンビア戦ではミスから2点を先行されてしまったが、積極的なプレッシングでボールを奪いにいった前半、しっかりとボールを回して攻撃を組み立ててコロンビアゴールを2度こじ開けた後半、いずれ狙いどおりの内容だったことが自信につながっている。

 コロンビア戦後の会見で指揮官が、「オウンゴールがなければひっくり返したゲームだったと思います」と語ったことが取り沙汰されているが、これはオウンゴールを献上してしまったDF藤春廣輝のせいにしたわけではなく、「1点のビハインドならひっくり返せる自信があった」という意味合いだ。

 コロンビア戦のスタメンを決める際、ナイジェリア戦でミスが相次いだディフェンス陣に対して、「5失点した責任を押しつけるような交代はしたくない。自信を回復させたい」との理由からひとりも入れ替えず、サブに回したGK櫛引政敏に対しても、「必ず自信を回復させる機会をつくるから」と声をかけている。稀代のモチベーターである指揮官が、ひとりの選手に責任をなすりつけることはない。

 コロンビア戦でオウンゴールを犯し、試合後の取材エリアで目に涙をにじませた藤春も、翌日には笑顔を見せた。

「ひとりだけ暗いとチームの雰囲気が悪くなるし、周りもだいぶ気を遣ってくれている。みんなが『気にするな』と言ってくれたり、(MF中島)翔哉が、『次は俺にアシストして』と言ってくれたり。あれは嬉しかった。イジリも結構あります。集合したときにテグさん(手倉森監督)が俺をイジッて、みんなで笑っていたら、カメ(DF亀川諒史)とDF岩波(拓也)が、『反省してへんやん』と茶化してきたり、いい雰囲気にしてくれています」

「雨降って地固まる」ではないが、チームの結束はここに来て一層高まった印象だ。

 1、2戦目を見るかぎり、スウェーデンは日本にとってグループ内でもっとも戦いやすい相手だろう。50人以上の招集を各クラブから断られたとあって、ナイジェリアやコロンビアの前線の選手たちのように、1対1の対応で手を焼きそうなタレントは見当たらない。

 2トップを組むFWアストリト・アイダレビッチ(エーレブルー)は190cm、FWミカエル・イシャク(ラナース/デンマーク)も185cmの身長があるが、彼らにロングボールを放り込んでくるわけではない。攻撃はショートパスを丁寧につなぐオーソドックスなスタイル。それは、コロンビア戦でも有効だった「日本の前線からのプレッシングがハマりやすい」ということを意味している。

 ナイジェリア戦とコロンビア戦では、先制されても簡単には屈しない「反発力」を示したが、スウェーデン戦で証明したいのは「反発力」ではなく、「先制点を奪う力」。これまでは「耐えて勝つ」をテーマに戦ってきたが、「後半勝負」のシナリオを書き換えて、「耐える」より「先制する」ことにこだわりたい。それゆえ、2戦目で途中出場させたMF大島僚太とMF南野拓実をふたたび先発で起用するプランがあっていい。

 出場時間によるコンディション、ミスを挽回したいという反骨心、前半は前線からプレッシングを仕掛けたいという戦略面を考え、ナイジェリア戦からスタメンを4人入れ替えてコロンビア戦に臨んだ指揮官は、おそらくスウェーデン戦でもスタメンを変更してくるだろう。

 アジア最終予選ではディフェンスリーダーを務めながら、今大会ではオーバーエイジのDF塩谷司にポジションを譲り、ここまで唯一出場機会のないDF岩波拓也の先発起用があってもおかしくないし、ここまで出場時間が長くないFW鈴木武蔵やDF亀川諒史がスタメンに名を連ねても驚きはない。

 かつて指揮官は、「このチームは誰が先発しても、チーム力は変わらない」と胸を張った。グループステージ突破のかかったスウェーデンとの運命の第3戦。この試合こそ、「チームの総合力」が問われる総力戦となる。

 2試合連続ゴールを決めているFW浅野拓磨は言う。

「最後は僕らの持っている力を出し切り、あとはサッカーの神様が決める」

 まずはスウェーデンを叩き、吉報を待つだけだ。

飯尾篤史●取材・文 text by Iio Atsushi