写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ローランドは8月9日、米国のヘッドホンメーカー「V-MODA」の株式を取得し、子会社化したと発表した。今後、V-MODA製品の流通・販売は、ローランドが行う。

V-MODAは、DJのVal Kolton氏が2005年に設立したヘッドホンメーカー。フラッグシップモデルの「Crossfade M-100」は、ヨーロッパのDJ関連アワード「DJ Mag Tech Awards」のヘッドホン部門を、2013年と2014年に受賞している。

ローランドが株式を取得したことより、V-MODAの株式保有比率は、ローランド70%、Val Kolton氏30%となった。また、Val Kolton氏は引き続きV-MODAのCEOを務める。

ローランドはV-MODAをグループ企業に加えることで、高い開発力、デザイン力、熱狂的なファンとのつながりをさまざまな分野に活かし、電子楽器の魅力をさらに高めていくことを目指すという。