最後のゆかの演技を終えた内村航平の顔に、喜びの色は見えなかった。疲れ切った顔に浮かんでいたのは、ホッとしたような安堵の表情だけだった。

 8月8日の体操男子団体決勝。5種目目の鉄棒を終えた時点で、日本の得点は226.895点。2位のロシアには0.208点差をつけ、ライバルと見られていた3位の中国にも0.739点をつけていた。

 そんな状況で臨んだゆかで、日本は3人の合計が47・199点の高得点を出した。ロシアがゆかと中国は鉄棒の演技を残していたが、点差を考えると、この時点で日本の優勝はほぼ確実になっていた。

「喜びより、もう疲労感しかなかったですね。試合をやる前から最後のゆかが絶対にしんどくなるとわかっていたので、どうやったら最後までできるかを考えて、鉄棒が終わった瞬間から気持ちをゆかに切り換えて考えていました」と内村は振り返る。

 決して日本は、決勝まで順調ではなかった。各選手が「優勝するためにはトップ通過が第一条件」と話していた6日の予選では、内村も鉄棒で落下したのを含めて、田中佑典や白井健三などもミスを連発する展開になって4位。そのため、決勝はやり慣れているゆかから始まるローテーションではなく、あん馬から始まり、次はつり輪という、日本が得点を伸ばせない種目から始まり、最後には体全身への負担が大きいゆかが待っているという厳しいローテーションになってしまった。

 そのうえ決勝本番では、最初の内村が予選の得点を上回る15.100点を出しながらも、2番手の山室光史が終盤に落下するミスが出てしまった。不穏な状況に、見ている側の雰囲気は一気に重苦しくなった。

 しかし、選手たちの意識は違った。水鳥寿思監督が振り返る。

「予選が終わった時は正直、『簡単にはいかないな』というのを実感させられました。でも考えてみれば、自分たちの得意種目のゆかだから、そこまでを何とか耐えれば、最後は気持ちよく演技をして優勝を勝ち取れるのではないかと、予選の結果をポジティブに考えることにしたんです」

 さらに幸いだったのは、山室のあん馬も本人が「落下した割には点数が出たなと思ったし、最低限のことはできたのかなという結果だった」というように、得点が13.900点出たことだ。2番手の加藤凌平も予選より高い得点を出していて、3人の合計は決して悪くない結果だった。

 そして次のつり輪でも田中を筆頭に、山室と内村も予選よりいい得点を出し、合計44.599点であん馬の失点をカバー。

 跳馬では、最初の加藤が着地を乱しながらも15.000点でまとめると、内村と白井は15点台後半を出した。ここにきて、選手にも笑顔が戻ってきた。それに対して、ライバルの中国は得点源のつり輪で、ユウ・ハオが着地でマット外に出てしまい予選より1点低く、合計では45.233点に終わった。その結果、あん馬で6位発進だった日本が3種目合計で、好調なロシアに次ぐ2位にまで順位を上げた。

 続く平行棒では、水鳥監督が「跳馬で15点台が並んで勢いがついたけれど、今日のターニングポイントは平行棒の田中だった。予選で失敗していた彼が、平行棒で成功するかどうかが一番大きかった」というように、一番手の田中は予選のミスを引きずることなく、15.900点の完璧な演技をして流れに乗せた。

 そして「最初のつり輪で体の反応がよく、練習通りにできて、力も入っていることが確認できたので、そこで自信もつかめて平行棒と鉄棒に臨めた」という田中は、3番手を任された鉄棒では、15点台を出した加藤と内村に続いて15点台に乗せ、5種目合計で日本はロシアを上回るトップに立った。

「試合前はゆかに2位くらいで入れば絶対に勝てると話していたので、『おっ、1番か。ラッキー!』という感じでした。だから、後はもう気楽にやるだけだと思い、3人で『思い切ってやりましょう』と話していました。五輪まではずっと最後は鉄棒というイメージでいたので、ゆかが最後になった今回は、人生の中で一番心臓に悪い日だったと思います。でも、そのぶん達成感も大きかったし、一番幸せな日になりました」

 こう話す白井は、予選のゆかで場外に踏み出すミスをしていたが、「予選はちょっと元気すぎたので決勝は普通にやればいいと思い、いい意味で適当にやりました」と、ほぼ完璧な演技で16.133点を獲得。続く加藤も着実な演技で15.466点を取ると、6種目目で疲労のピークだった内村も15.600点を出し、合計を274.094点にして競技を終えた。

 ロシアのゆかと中国の鉄棒の演技を見守った日本チーム。終わってみれば2位のロシアに圧勝だった。

「去年の世界選手権でも勝ったけど、安心して他のチームの演技を見られるのは初めてだったので。何か最後までドキドキしないで、優越感のようなものも感じられて。そのくらいに今回は日本が圧勝だったのも、みんなで強い気持ちを持って戦えたからだと思います」と白井は言う。

 今回出場した5人全員が、見ていたという04年アテネ五輪団体の金メダル獲得。それから12年の月日が経ち、今回の目標はそれ以来の金メダル獲得であり、"アテネ超え"でもあった。だが、内村はそれを達成できたかという質問には、少し考えてから「やっぱりアテネは超えられないですね」と言って笑い、こう続けた。

「でも、僕たちは新しい歴史を作ることができたので。アテネの時は美しい体操で金メダルという感じだったと思うけど、今回のリオはみんなの中に『普通にできれば、金』という気持ちもあったし、最後のゆかで点数をバンと取ったりと、アテネとは違う点数の取り方でしたし。

 もう"美しい体操"というのを僕たちは、当たり前のようにやっていて、他の国の選手たちより確実にいい技さばきもできていると思うので。その中で、爆発的に得点を取れる強さを持った選手たちが増えてきているのが、今回の勝因だと思います」

 アテネの金はアテネの金。自分たちは、また違う金メダルをここで手にしたのだという自負を感じる言葉が内村からはあふれた。

「これは確実に20年東京五輪につながる大会だと思いました。その東京の決勝で戦う選手たちにはすごいプレッシャーがかかると思うけど、僕たちのこのガムシャラな試合を見ていろんなものを吸収していってほしいと思います」

 悲願を達成した内村の表情は、終始誇らしげだった。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi