8日、中国メディア・斉魯壱点が、日本サッカーをやゆする記事を掲載したところ、ネットユーザーの反感を買っている。写真は日本代表ユニフォーム。

写真拡大

2016年8月8日、中国メディア・斉魯壱点が、日本サッカーをやゆする記事を掲載したところ、ネットユーザーの反感を買っている。

斉魯壱点は、リオデジャネイロ五輪で1敗1分と苦戦が続くU−23日本代表について、「前回のロンドン五輪でベスト4に入ったアジアの雄が、思いもよらぬことに“お笑い担当”になった」などとし、ナイジェリア戦での度重なるお粗末なプレーによる失点を動画付きで紹介。コロンビア戦の藤春のオウンゴールについて、「日本の今大会最優秀ゴールはこれで決まり」と皮肉っている。

記事はこの他にも、Jリーグの試合でのGKのミスを動画付きで紹介し、「皆さん、彼らはどうしてこんなにおもしろいのでしょうか?」などとしている。

この記事に対して、中国ネットユーザーからは「まったく、この記事の執筆者を思うと悲しくなるよ」「日本を笑う資格なんてあるのか?中国なんて笑われるネタすらないじゃないか」「笑おうとした時、ふと中国代表を思い出して、涙が出てきた」「タイに1−5で負けた中国がどのツラ下げて日本を笑うんだよ」「50歩が100歩を笑うのは聞いたことがあるが、100歩が50歩を笑うなんて聞いたことない」「日本は憎しみの対象だが、嘲笑については俺たちにその資格はない」など、批判的なコメントが多く寄せられている。(翻訳・編集/北田)