われわれの騒ぎ過ぎ

写真拡大

リオ五輪の中継のために、きょう10日(2016年8月)の「羽鳥慎一のモーニングショー」は短縮1時間で、取り上げた話題はすべてオリンピックだった。柔道男子81キロ級3位決定戦で永瀬貴規選手が有効を奪って銅メダルとなったが、笑顔はなかった。「金しか狙ってなくて、悔しい気持ち。(準々決勝で)負けてからいろいろ応援のメッセージや励ましをいただいて、なんとか気持ちを切り替えた」と言葉少なだ。

81キロ級はシドニー五輪以後、金メダルはなく、「鬼門」と呼ばれている。

周囲の期待がプレッシャー

永瀬は中学時代、毎日、母親が往復80分かけて練習に通った。五輪代表に決まった時も「しっかり結果を出して、『お母さんやったよ』と言えたらいいな」と話した。銅メダルでもそう言えるはずなのだろうが・・・。

岡田弘隆・筑波大柔道部総監督が解説した。バルセロナ五輪の86キロ級銅メダリストで、3月まで永瀬を指導していた。「複雑な気持ちで、本人もそうでしょう。金の期待が強かったから」という。

司会の羽鳥慎一「銅ってすごいなと思うんですが、喜んでる方も悔しい方もいる。金を目指していた方はどうしたらいいんでしょう」

岡田「負けた悔しさがあって、もう1度挑んでとったという喜びもあります」

羽鳥「岡田さんもバルセロナでは敗者復活からでしたよね」

岡田「まったく同じです。金メダルしか考えてなかったものですから、負けた時はショックで、それまでの4年間が浮かんで、なんで負けたんだろうと、同じ気持ちだったと思います」

「金と銅はわずかな差。気持ちの違いだけ」

浜田敬子(「アエラ」前編集長)「みんなが金メダルをと言っていますが、4年後の東京ではもっと強まると思うんです。なんとかリラックスする術をね、国のためにじゃなくて、自分のために実力を発揮できる環境になればいいなとおもいますよ」

羽鳥「われわれが騒がなけりゃいいんですかね」

岡田「負けたくないのと、勝ちたいというのは本当は同じなんですけど、若干消極的なのと、積極的に勝ちいくというのと、そのわずかな気持ちの違いが結構大きいんです」