関連画像

写真拡大

宮城・岩手・福島の東北3県と熊本県は8月10日、東京都千代田区の都道府県会館で共同記者会見を開き、「ポケモンGO」を活用した観光キャンペーンに取り組むことを発表した。具体策はこれから協議するが、ポケストップやジムの増設、関連イベントなどを予定している。

東日本大震災と熊本地震からの復興促進が目的。ユーザーの移動でゲームが進むポケモンGOは観光分野との相性がよいとして、宮城県の村井嘉浩知事が開発・運営元の「ナイアンティック社」や各県に呼びかけた。国内外からの観光客の流入や記憶の風化防止などに期待している。

レアポケモンの配置について、ナイアンティックの村井説人社長は「否定するところはまったくない。ゲームバランスを最も重要視しているので、(各県と)協議して決めたい」と説明した。キャンペーンの開始時期について、各県は「なるべく早く」としている。

ポケモンGOをめぐっては、ユーザーが夢中になるあまり、立ち入り禁止区域に入ってしまうトラブルも発生している。岩手県の達増拓也知事は「社会常識としてプレーヤー以前に人間として判断してもらえれば」と語った。

(弁護士ドットコムニュース)