激戦区・下北沢で話題。ダシとスパイスが凝縮したひと皿がいただける隠れ家カレー店「アンジャリ」

写真拡大

東京・下北沢の商店街から少し外れた細い路地に、ひっそりと店をかまえる「ANJALI(アンジャリ)」。カレーフェスなども開かれ、カレーを提供する店が多い下北沢で、異色の存在感を放ちながらじわじわとファンを増やしているカレー店です。ひと口食べれば体が喜ぶ、スパイスのパワーあふれるカレーの魅力に迫ってみました。

独自のスパイス使いと和の感性が絶妙にマッチ

店主の市原さんが作るカレーは、キリッとスパイスの主張がありながらも、油少なめでさらりと食べられるやさしい味わい。

スパイスは独自のアイデアで調合し、使う素材や味のイメージに合わせて自由自在に操ります。さらに和食の要素を取り入れて、インドではあまり意識されない「旨み」もプラス。
エビの頭や鶏ガラでとったダシを、カレーの種類に合わせて使い分け、奥深さを作り出しています。

具も味付けも多彩な南インドの定食スタイル

おすすめメニューは「カレー2種セット」(1200〜1300円)で、5種類のカレーの中から選べます。これに、ほんのりスパイスが香るごはんと、3種類の野菜の付け合わせ、パパド(インドのせんべいのようなもの)が付いて、南インドで定番の定食スタイルが完成です。

カレーと言えば「ナン」を連想する人も多いかもしれませんが、南インドはごはんが主食なのだそう。

カレーのレパートリーも豊富で、チキンカレーやエビカレー、旬の野菜や豆のカレー、時にはキーマカレーが登場することも。店主の気分で毎日変わるそうなので、何度行ってもどれにしようか迷ってしまいます。

食後はチャイやデザートでほっとひと息

カレーと一緒にぜひ注文したいのが、自家製の「チャイ」(単品450円。ランチタイムは食事とセットで100円)。スパイスを丁寧に煮出して作られるチャイは香り高く、幸せな甘みが口いっぱいに広がります。

常時2種類あるインドのアイスクリーム「クルフィ」(350円)も、カレーでホットになった体をひんやりクールダウンさせてくれます。ヨーグルトなどのインドらしいフレーバーがあるかと思えば、ほうじ茶などの和テイストのものもあり、こちらも時期によって変わるのだそう。

カフェのようにゆったりとくつろいで

店はにぎやかな商店街から外れた場所にあるので、喧騒を逃れてじっくりとカレーを味わえるのも「アンジャリ」の魅力です。緑が多い店内はところどころにオリエンタルな小物が置かれ、下北沢らしいおしゃれで個性的な雰囲気。これに、たちこめるスパイスの香りも手伝って、どこかの異国に来たようなゆったりとした時の流れを感じます。

居心地のよい空間でスパイスの魅力に浸れる「アンジャリ」で、心と体にたっぷりと元気をチャージしましょう。

ことりっぷの最新記事