チェコで生まれた「ミニマルに暮らす」ためのウォールオーガナイザー

写真拡大

賑やかな装飾に囲まれた部屋もいいけれど、選び抜いたお気に入りだからグッと引き立つ、ということもあります。

洋服、本、家具。こだわって選び抜いたモノたちは、見るたびに嬉しい気持ちになりますね。

チェコの男性2人組デザイナーユニットJan Plechac & Henry Wielgsによるおしゃれでミニマルでシンプルなウォールオーガナイザー_1

壁を写真やポスターで埋め尽くさず、厳選したものを飾りたくなるアイテムを発見しました。

チェコの男性2人組デザイナーユニット、Jan Plechac & Henry Wielgsによるウォールオーガナイザーです。

チェコの男性2人組デザイナーユニットJan Plechac & Henry Wielgsによるおしゃれでミニマルでシンプルなウォールオーガナイザー_2

バウハウスの理念に影響を受けた「My Spot」は、丸と線のミニマルなデザイン。

大切なものが凝縮された「自分だけの場所」を再確認するかのようです。

貼られた紙だけが主役になるのではなく「My Spot」と紙がつくりだす形状自体が印象的なプロダクト。

チェコの男性2人組デザイナーユニットJan Plechac & Henry Wielgsによるおしゃれでミニマルでシンプルなウォールオーガナイザー_3

大切な人からの便りなんかはもちろん、仕事の予定で埋まったカレンダーだとか、取引先の連絡先だとかも「My Spot」ならちょっと特別なものに変えてくれそうです。

選び抜いた大切なモノは、選び抜いた方法で。大量のものに埋もれるより、忘れにくい実用的な面もあります。

My Spot [Jan Plechac & Henry Wielgs]