10日、リオデジャネイロ五輪に出場しているサッカー男子の韓国代表チームが秘密裏に航空便を変更しメキシコとの対戦地ブラジリアに移動していたことをめぐり、メキシコ側から抗議の声が上がっている。資料写真。

写真拡大

2016年8月10日、韓国・SBSなどによると、リオデジャネイロ五輪に出場しているサッカー男子の韓国代表チームが秘密裏に航空便を変更しメキシコとの対戦地ブラジリアに移動していたことをめぐり、メキシコ側から抗議の声が上がっている。

韓国チームは当初、1次リーグ第2試合でドイツと対戦したブラジル・サルヴァドールから、試合翌日の9日(日本時間)午前7時3分の航空便でブラジリアに移動予定だった。しかしこの便に乗るためには、試合を終えたばかりの選手たちが早朝5時に起床せねばならずコンディションに悪影響を与えかねない。そう判断した韓国コーチ陣は便の変更をリオ五輪組織委員会に要請したが、組織委は五輪公式航空会社の空席が十分でないとしてこれを拒否、韓国チームは結局自ら他の航空会社の便を手配し、午前10時57分の便でブラジリアに移動した。

しかし当初の移動条件、実は11日に韓国との対戦を控えたメキシコ代表も同じで、メキシコチームは午前7時3分の便に搭乗していた。SBSによれば、韓国代表は、同じ便で移動すればメキシコが妨害工作を働くかもしれないと懸念し、便の変更を直前まで公にしなかったという。

事態を受けメキシコ代表のグティエレス監督は「いずれにしても韓国とは同じ距離を移動したのだから不利とは思っていない」「勝つことだけに専念する」と述べたものの、メキシコオリンピック委員会(MOC)のパディージャ会長は「メキシコ代表チームが不公平な待遇を受けた」として国際オリンピック委員会(IOC)に抗議する意向を示している。

報道を受け、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。

「悔しいなら自分たちもやればよかっただろう」
「試合で白黒つけようじゃないか」
「どこが問題なんだ?」
「これが力というものだよ。僕らも今までずいぶんやられてきたからね」

「韓国サッカー協会、珍しくよくやったね」
「こっそり移動しようが堂々と移動しようがこっちの勝手だろう。報告義務でもあるのか?まったく小さいやつらだ」
「とりあえず作戦は成功したってことだろ?よしよし」
「メキシコはどうでもいいことにまでケチをつけるんだな」

「抗議するなり発狂するなり、勝手にしろ」
「IOCに抗議するより、自分たちが選手のためにどうして同じことをしてあげられなかったのか反省すべきだ」
「韓国の選手たちは大事にされてるんだよ」(翻訳・編集/吉金)