アパリゾート上越妙高イルミネーション2016 『龍の巣窟』 ©アパリゾート上越妙高

写真拡大

アパリゾート上越妙高(新潟県妙高市)で開催されているイルミネーション2016『Myoko Happiness Illumination 〜幸福を呼ぶ光の双龍〜』がとにかくスゴイ!?

【全32枚】幻想的すぎる……!「アパリゾート上越妙高 イルミネーション2016」の写真をさらに見る

約160万球のLEDを使用して創られる圧巻のサマーイルミネーションを、小学生の子どもと親子で体験してきました。

大きすぎる龍は世界記録持ち

会場につくと、視界に広がるのは一面の巨大地上絵『光の双龍』。

各種テーマパークやレジャー施設で大規模なイルミネーションを体験してきている私たち親子ですが、「えっ、大きいにもほどがあるでしょ?! 」と子どもも困惑気味です。

それもそのはず! 巨大地上絵『光の双龍』は、「LEDライトで作った最大のイメージ」として2015年にギネス世界記録に認定されています。

監修・プロデュースをおこなったのは、夜景評論家でも知られる夜景コンベンションビューロー、代表理事の丸々もとお氏。

イルミネーションによる、市町村やテーマパークなどの地方再生をおこなってきた実力派・夜景プロデューサーです。

今年で3年目となるアパリゾート上越妙高イルミネーションは、昨年度より会場を約1万平米増設! LED電球の数も約150万球から約160万球に増えているとのこと。

これは胸が高鳴ります。

世界初! 2つのウォータープロジェクションマッピング

今回のイルミネーションの目玉は、世界初とも呼ばれる2つのウォータープロジェクションマッピング。

ウォータースクリーンは下から吹き上げるタイプが主流ですが、カーテンのように上から噴射するタイプも見られます。

アパリゾート上越妙高のイルミネーションでは、会場内にある2つの池で、両方のタイプのウォータースクリーンを観ることが出来ます。

これはレア! お得ですね。

プログラム名は『風神〜起承編』、『雷神〜転結編』。

この2作自体もつながったお話ですが、会場にある15のイルミネーションで表現されている『龍』のお話が、巨大スクリーンでの映像演出でよりわかりやすく体感できます。

イルミネーションを動かす! 体感型イルミネーション

たくさんのプログラムで構成されたイルミネーションですが、ファミリーにオススメなのが『体感型イルミネーション』です。

あまりの楽しさと驚きに、その場に居合わせた観客同士で「ほら! あそこ! 」「これは嬉しいですね! 」と言い合うほど。

ゲストの未来を占う事ができる『天空の舞台』、鐘を鳴らすとレーザー光がホテルに向かって照射される『恋人の聖地』、なにより驚いたのは、イルミネーション終盤にある『願いの鐘』です。

鐘を鳴らすと、会場についた時から目に入っていたあの巨大地上絵『光の双龍』の瞳が光る等の変化がおこります。

約150万球のLEDで創られた龍を操り興奮気味の子どもと、その瞬間を収めようとシャッターをきる私。

巨大地上絵『光の双龍』では、体感型イルミネーションの他にも、7分間隔でおこなわれる特別プログラムが用意されており、巨大龍が火を吹いたり、目からビームがでるたびに会場から歓声があがります。

龍に込められた上杉謙信公の祈り

アパリゾート上越妙高のサマーイルミネーションのテーマは『龍』。

しかし、なぜ龍をモチーフにしているのでしょうか。

イルミネーション『幸福のゲート』の脇に、小さな社殿があります。

この社殿の本所に当たるのが、会場最寄駅から徒歩20分ぐらいにある関山神社(新潟県妙高市)です。

関山神社には、武将『上杉謙信公』が戦いの前に掲げたといわれている2匹の龍が刺繍された「龍旗」が奉納されています。

その「龍旗」に描かれている双龍が、イルミネーションのモチーフです。

“上杉謙信公が戦いに挑んだのは、土地に住む人々の幸せを願ってのこと”、“龍旗には、上杉謙信公の幸せを願う心が残っているのでは”と解釈し、ゲストの幸福を願うイルミネーションプログラムが制作されました。

それを知った子どもは「イルミと一緒に育っていく龍は、もしかして、上杉謙信公? それとも、イルミを見に来たゲストのことなのかな? 」と自分なりの解釈をして、イルミネーションを楽しんでいました。

ホテル滞在後、訪れた関山神社では、さらに上杉謙信公に興味を持ったようで、夏の自由研究にもピッタリでした。

全国各地のフードが集結! ビアガーデンとしても最適

会場には『イルミ屋台村』が併設されており、イルミネーションを横目にフードやドリンクを楽しむことが出来ます。

富山ブラックラーメンや本格広島焼きなど人気店舗が揃っているイルミ屋台村ですが、なかでも注目したいのは『アパ社長カレー』です。

これまでレトルトカレーとして販売されてきた、アパ社長カレーですが屋外での直営販売は本会場が初。

トッピングで盛られた温野菜が、少し辛めで濃厚なカレーにマッチしています。

イルミネーション以外の遊びも充実

この他、アパリゾート上越妙高では、イルミネーション以外にも上質なリゾートホテルを備えている。また様々なイベントを実施。

週末特別開催の『打ち上げ花火』や『ドラゴンボール超』とコラボしたリアル宝探し(9/19まで)、各種スポーツ施設でホテル滞在を楽しむことが出来ます。

家族みんなで楽しめる、アパリゾート上越妙高イルミネーション2016『Myoko Happiness Illumination 〜幸福を呼ぶ光の双龍〜』は、2016年7月1日〜2016年11月15日の開催です。

アパリゾート上越妙高イルミネーション2016
『Myoko Happiness Illumination 〜幸福を呼ぶ光の双龍〜』
期間:2016年7月1日〜2016年11月15日
開催地:新潟県妙高市桶海1090 TEL:0255-82-4111
7月1日〜8月31日は、サマーイルミネーション(18:00〜23:00)
9月1日〜11月15日は、オータムイルミネーション(17:00〜22:00)
※最終入場は1時間前
料金:大人1500円、小学生1000円(前売り券は各100円引き)
発売所:日帰り 入場券売場、宿泊者 ホテルフロント、前売り券 チケットぴあ他
監修・プロデューサー:(一社)夜景コンベンションビューロー 代表理事 丸々もとお