日本を訪れる中国人旅行客のうち、初めての訪日という人はまだ多くはない。だが、なかには毎年日本を訪れているという中国人も存在する。こうした中国人は日本の何に魅力を感じて、毎年訪日しているのだろうか。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる中国人旅行客のうち、初めての訪日という人はまだ多くはない。だが、なかには毎年日本を訪れているという中国人も存在する。こうした中国人は日本の何に魅力を感じて、毎年訪日しているのだろうか。

 中国メディアの新浪はこのほど、ある中国人が毎年日本を訪れる理由について紹介する記事を掲載し、中国人から見た日本の魅力について論じている。

 記事は、毎年日本を訪れているという中国人が「訪日を繰り返していることから売国奴呼ばわりされている」ことを紹介する一方で、日本には毎年訪れるだけの魅力があることを指摘。特にサービス業における「おもてなし」や「気配り」は、中国人の立場から見て大きな感激を覚えるようで、「日本で靴を購入した時、日本人スタッフが跪いて対応してくれたことに感動した」と伝えた。

 また、日本のホテルや旅館も「スタッフの態度はもちろん、常に笑顔で対応してくれる点がすばらしい」と絶賛したほか、こうした態度は医療サービスにおいても同様であると指摘。中国では「日本の製造業は細部にまでしっかりとこだわって作られている」、「日本製品の品質は極致」であるとの称賛も多いなか、記事は「日本人は“心温まる”対応までも、極致の水準で行える」と論じた。

 記事が絶賛しているとおり、日本のサービスはやはり観光客にとっても魅力的に映っていることが分かる。日本が観光立国となるためには、今後はリピーターの獲得が重要となってくるが、中国では味わえない質の高いサービスは日本のソフトパワーとしてリピーター獲得に有利な要素であることが分かる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)