【UV対策】クリームだけじゃ足りない! 絶対焼かない「日焼け防止ハック」5つ

写真拡大

いまの時期ピークを迎えるのが地上に降り注ぐ紫外線量。紫外線を浴びすぎると、日焼けをするだけでなく、シワやしみなど美容面でのダメージがあるとともに、白内障やガンを引き起こすこともあります。だからこそ避けたい紫外線。

【UV対策】いま買うべきはコレ! ドラッグストアで買える「進化型日焼け止め」4選

現在市場にはたくさんのUVケア商品がありますが、どんなものを使っていますか。

たくさんありすぎて選ぶのも難しいUVケア商品ですが、やはりアイテムによっては効率の良い使い方があります。だからこそ今回は、日焼け止めだけじゃ不安な人のための賢い日焼け止めハックについて、5つご紹介していきます。

1:体の中で一番ダメージを受けやすい場所はコレで日焼け止め!

紫外線が直接当たるところは入念にケアしているという人も多いですよね。顔や手、足などありますが、それ以外にも直接当たる場所があります。しかも、その場所は体の中で一番紫外線を受けやすい場所。

それは“頭”。顔の2倍以上の紫外線を浴びてしまっています。頭が紫外線を浴びれば、髪の毛がパサパサになったり、頭皮が火傷を覆ったり、顔と同じようにダメージを受けます。

そんな頭の紫外線予防に手軽なものは“帽子”。

帽子をかぶることで頭へのダメージを軽減させます。ただ、頭の中はムレやすいので、麦わら帽子のような通気性のよいものを選ぶようにしましょう。

また、帽子をかぶることで、紫外線による目のダメージは一般的に20 %は減少します。キャップのようなものではなくハットのような、ツバが大きい帽子であれば、さらに効果は大!前のツバだけでなく、後ろのツバもあるものであれば、首の日焼けも予防ができます。

2:UV加工の寿命も考えたい日焼け止めアイテム!

多くの女性が持っている日焼け止めアイテムといえば“日傘”。春先からたくさんの可愛らしい日傘が販売されていますが、どのように選んでいますか?

選ぶ1番のコツは、UVカット加工されている傘で、カット率が高いもの。遮光率99.99%以上のものを“遮光1級傘”と定義されているので、遮光1級傘を選ぶようにするのもコツになります。

色を気にする人もいますよね。確かに、白は紫外線を反射し、黒は紫外線を吸収することで紫外線を防いでくれるという色の特徴があります。ただ、UV加工してあれば、色での紫外線ダメージはさほどありません。

色が重要なのは、日傘の内側。内側が白色だと地面から照り返してきた紫外線の反射率を高めてしまうため、照り返し対策には内側が黒い日傘を選ぶのがおすすめです。

また、今使っている日傘はどれくらい前から使っていますか。日傘のUVカット機能には寿命があり、おおよそ2〜3年ほど。せっかくUVカット率が高い日傘を使っても、寿命がきては効果が激減。

ただ、丁寧に使っていれば3年経っても壊れにくいのが日傘。捨てるのももったいないときは、UVカットスプレーを傘にかけるのも1つの方法です。

3:かなり重要!目からの日焼け止め

日焼け止めクリームをしっかりと塗っても、実は日焼けをすることもあるのです。というのも紫外線が目に入ると、体を守るために脳でシミの原因となる“メラニン”を作る指令が出るメカニズムがあります。

だからこそ目に入る紫外線を、カットをすることが重要。その手軽な方法は“サングラス”。色が濃いものを選ぶと紫外線カットの効果も高そうですが、日傘同様、実は関係ありません。濃いサングラスはむしろ瞳孔が開いて紫外線を取り入れやすくなります。

「紫外線透過率」が少ないもの、または「紫外線カット率」が高いものを選べば、目のダメージを減少できますので、選ぶ際の目安にしてみてください。

また、空から降り注ぐ紫外線に対して気をつける人も多くいますが、地表から反射する紫外線にも気をつけたいところ。

海でのリゾートを楽しむのもいいのですが、砂浜では10〜25%もの反射率があります。他にも通勤や通学、買い物など日頃の移動で通るコンクリートやアスファルトでは10%、プールのような水面では10〜20%、畑仕事や庭の手入れなどを行う草地や芝生では10%以下の反射率があります。

特に、新雪では80%の反射率があるので冬場にスキーやスノボに遊びに行くときも、紫外線ケアをするようにしたいですね。

上下方向、側方、さらには後方からの光も目に紫外線が降り注いでいるので、サングラスはレンズ部分が大きめで、顔にフィットするものを選ぶようにするといいですね。

4:色にも気をつけたい、ファッションでの日焼け止め!

夏の洋服はどんな色が多いですか。涼しげな白やピンクなどが好まれますが、これらよりも暑苦しそうな“黒”が一番紫外線防御に役立つ色。さらに通気性の良い服を選びがちですが、紫外線のことを考えるとしっかりした織目や編目を持つ厚めの生地を選ぶ方が肌のダメージを軽減させます。

加えてUV加工がされていると、より紫外線ダメージを予防できます。熱すぎると熱中症の心配もあるので、せめてUV加工された羽織ものを用意するといいですね。

5:紫外線が大量!場所を選んで日焼け止め

一般的に10時〜14時の間には1日の半分以上の紫外線が降り注いでいますが、同じ時間でも紫外線が多い場所は異なります。

標高が1000mごとに紫外線量が10%ほど増すので、標高の高い山は紫外線が大量!そして赤道に近い(緯度が低い)と紫外線量が多くなるので、北海道よりも沖縄の方が紫外線の量が多くなります。

日陰の場所を選んでも、日向の50%ほどの紫外線が降り注いでいます。紫外線量が多いときは極力外出しない、どうしても行くときはきちんと予防するようにするといいですね。

いかがでしたか。紫外線は悪いことだけでなく、骨を丈夫にするビタミンDを皮膚内で作ったり、体の免疫力を高めたりする働きもあります。大人でも15分程度は紫外線を浴びたいところ。

ただ、浴びすぎは美容にも健康にも良くないものなので、今回ご紹介したようなものを上手く活用してみてくださいね。