中国メディア・捜狐は6日、「ドイツ車びいきのエンジニアが見た日本の自動車は、一体どうなのか」とする記事を掲載した。記事は、これまでドイツ車至上主義を貫いていた中国人エンジニアが縁あって日本のスズキの工場を見学したことで日本の自動車や自動車メーカーに対する認識を改めたと紹介したうえで、ドイツ車好きから見た日本の自動車づくりの特徴について解説している。(イメージ写真提供:(C)algre/123RF.COM)

写真拡大

 中国メディア・捜狐は6日、「ドイツ車びいきのエンジニアが見た日本の自動車は、一体どうなのか」とする記事を掲載した。記事は、これまでドイツ車至上主義を貫いていた中国人エンジニアが縁あって日本のスズキの工場を見学したことで日本の自動車や自動車メーカーに対する認識を改めたと紹介したうえで、ドイツ車好きから見た日本の自動車づくりの特徴について解説している。

 まず、自動車にどんな役割を担わせるかについてドイツと日本では差があると紹介。ドイツは自動車を「生命、そして個性がある機器」と位置づけ、日本は「人の足代わりとなるもの」とされているとした。日本車はグレードダウンしても故障率の低い部品を用いる傾向にあるため「ドイツ車の故障が一般的に日本車より多いのである」と論じた。

 また、人と自動車との関係についてドイツは「人が車に合わせる」、日本は「車が人に仕える」とし、製品の寿命に対する考え方もドイツは「壊れなければそれで良し」、日本は「ちょうど良いタイミングでの寿命設計がなされている」と説明した。

 さらに、技術的な難題に直面した時に「力技で解決する」ドイツに対して、日本は「機転を利かせて工夫することに長けている」とした。新製品に対する考え方では、ドイツは「完全リニューアルを愛する」一方で、日本は「既存のベースを残すことを優先する」と紹介。極限性能についてはドイツが「無駄と思われるほど不測の事態が考慮されている」のに対して、日本は「本来の性能が十分に発揮されればそれ良い」と考えられているとした。

 そして最後に補修に関して、ドイツは「専門の人間じゃないと分からないほど複雑」、日本は「修理業者の利便性が大事」であると解説している。

 日本もドイツも、自動車製造大国であり、世界の市場でシェアを獲得していることには変わりない。しかし、目を凝らしてみると基本的なコンセプトやこだわる部分が異なっているのだ。そして、これらの違いは、双方の気候風土や生活習慣の違いともいえ、一概に良い悪いで判断することはできない。消費者は、それぞれの特性をよく理解したうえで、自分の考え方にマッチしたものを選ぶことができるのだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C)algre/123RF.COM)