夏の強い日差しの下では、どんなに気を付けてUVケアをしても、日焼けはしてしまうものです。そして、時にはうっかり日焼けしちゃうことも。日焼けによって増えるメラニンはシミやシワのもと。うっかり日焼けをしちゃったときでも、しっかりアフターケアして美肌を守りましょう。

日焼け後のお肌は、とにかく冷却すること

日焼けで肌が赤くなっているのは、お肌が炎症を起こしている状態です。日焼けしちゃったと思ったらすぐにアフターケアしてあげましょう。基本は、とにかく「冷やす」ことです。素早くメークを落としたら、冷えたタオルをお肌にあてて冷やしましょう。保冷剤をタオルに包んでお肌に当ててもいいでしょう。日焼けしたお肌は乾燥しているお肌です。冷やした後は、たっぷり保湿をします。ローションは保湿力の高いものを選びます。美白成分が入っているローションは刺激が強いので、この段階では避けた方がいいでしょう。

保湿後はお肌の水分をキープ!

たっぷりのローションで保湿した後は、乳液とクリームを使って水分が蒸発しないようにキープしましょう。ワセリンを塗ったお肌にラップをすれば、さら水分をキープすることができます。ラップをした上から、さらに冷やしたタオルを当てれば、念入りに冷やして炎症を抑えることができます。

日焼け後のアフターケアに摂りたい栄養素は?

日焼け後のお肌は、内側からのケアも大切です。たっぷりビタミンを摂れば、日焼けをおさえるだけでなく、日焼けに強いお肌を作ることができますよ。

【ビタミンC】

ビタミンCには、紫外線によってメラニンが生成されるのを抑える働きがあります。またビタミンCには日焼けで壊れてしまったコラーゲンの生成を助ける働きもあります。ビタミンCが多く含まれるのは、かんきつ類を中心としたフルーツや緑黄色野菜です。

【ビタミンE】

ビタミンEは抗酸化力が高く、美肌効果がアップすると言われています。血行を促進させ代謝をアップするので、お肌のターンオーバーを助けます。ビタミンEが多い食品は青魚やウナギ、ナッツ類です。

【ビタミンA】

肌や粘膜を正常に保ち、強くする働きがあります。日焼けに負けないお肌を作るにはビタミンAが必要です。β-カロテンは体内で必要な分だけビタミンAになります。ニンジンやカボチャ、ほうれん草、小松菜などをたくさん食べましょう。

うっかり日焼けをしちゃったときも、きちんとアフターケアすれば美肌を保つことができます。外側からのケアだけじゃなく、内側からもしっかりケアしましょう。


writer:岩田かほり