10日、リオデジャネイロ五輪の卓球女子シングルスで福原愛が準決勝に進出したことに、中国のネットユーザーも注目している。

写真拡大

2016年8月10日、リオデジャネイロ五輪の卓球女子シングルスで福原愛が準決勝に進出したことに、中国のネットユーザーも注目している。

世界ランク8位の福原は、9日の準々決勝でシンガポールのフォン・ティエンウェイ(同4位)と対戦。終始ペースを握り続け、4―0でストレート勝ちした。準決勝ではロンドン五輪金メダリストの中国の李暁霞(リー・シアオシア)に挑むことになる。中国メディアは福原が五輪で初めてベスト4に進出したことを紹介し、「おめでとう、愛ちゃん!」と伝えている。

福原は中国でも人気があるが、準決勝では中国選手との対戦になる。中国のネットユーザーはこの対戦をどのように見ているのか。以下は、寄せられたコメントの一部。

「今日の福原愛のコンディションはすごく良かったね」
「愛ちゃんおめでとう!でも、残念ながらここまでだよ」
「心が痛むけど、愛ちゃんはまた涙を流すことになるだろうね」

「準決勝は李暁霞と中国東北の選手の対戦って感じだな」
「卓球はどの大会も中国人同士が争う競技」

「中国に国籍を戻しなよ」
「日本の政治家は嫌いだけど、日本人自体はとても愛すべき民族だ」

「福原愛は超かわいいけど、残念ながら李暁霞にこてんぱんにやられるな。彼女は唯一好きな日本人だけど」
「愛ちゃん、銅メダル頑張ってね」
「もちろん我々は中国を応援する。福原愛には好感を持っているってだけの話だ」

「彼女は以前より格段にレベルアップしている。甘く見てはいけない」
「なぜか愛ちゃんに金メダルを獲ってほしい自分がいる」(翻訳・編集/北田)