【リオオリンピック】テラハの彼も水球代表!このイケメン選手たちを見逃すな

写真拡大

 こんにちは、イケメン評論家の沖直実です。

 夏、真っ盛り! リオ五輪も真っ盛り!

 そこで、私の監修した『熱狂!リオ五輪イケメンファイル 夏が10倍楽しくなる美男子アスリート』(ビジネス社)から、リオ五輪で注目すべきイケメン選手をご紹介したいと思います。

 2012年のロンドン以来、五輪のイケメン選手探しがすっかりライフワ−クのようになった私。イケメンという切り口から、みなさんリオ五輪に興味をもってほしいのです(以下、写真はすべて『熱狂!リオ五輪イケメンファイル』のキャプチャ)。

◆イチオシは水球の志水祐介・保田賢也選手

 中でも、沖直実のイチオシは水球、数十年ぶりの出場となったポセイドンジャパン!

 昨年のラグビー日本代表・五郎丸の登場で、細身の王子様もいいけど、やっぱりたくましくて大きくて包み込んでくれる男子の魅力に、皆が気付き始めていると思います。

 その点、水球は「水上の格闘技」といわれるほど激しいスポーツ。筋肉だって半端ない!

 また、サッカーや体操はもともと認知度が高くてファンも多かったけど、水球に関してはあまりなじみがないと思います。だからこそ、皆が同じスタート地点から一斉に観戦したり応援することができる種目だといえるかもしれません。

 中でも私が注目するのは、キャプテンの志水祐介選手と、保田賢也選手。二人とも、「骨が折れるほど抱きしめてほしい」といった女子の密かな願望をかなえてくれそうな胸筋や腕の筋肉がすばらしい。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=566792

志水選手は元教師。こんなに大きい体つきなのに甘い物が大好き。可愛いなあ!

 水球選手にならなかったら役者になりたかった保田選手は、甘いお顔でフジテレビ系『テラスハウス』のケンケンとしてもお馴染み。ちょっと恋愛ベタなイメージの彼ですが、水球をしている姿のかっこいいこと!

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=566770

 ポセイドンジャパン、応援したくなったでしょ! ほかの競技のイケメンたちも見たくなったでしょ!

 実は海外にも、とんでもない美形アスリートたちがいるんです。

◆モデル級にイケメンな海外アスリートたち

 外国人アスリートにもイケメンがたくさんいます。

 例えば水泳なら、カミーユ・ラクール選手(フランス)、グレゴリオ・パルトリニエリ選手(イタリア)、ライアン・ロクテ選手(アメリカ)などなど。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=566794

◆ほかにもイケメンがてんこ盛り

 そのほか、注目してほしいイケメン選手を列挙しておくと…

【体操】加藤凌平
【ラグビー】松井千士
【陸上】ケンブリッジ飛鳥、山縣亮太、藤光謙司
【サッカー】大島僚太、南野拓実、矢島慎也
【トランポリン】伊藤正樹
【柔道】ベイカー茉秋
【水泳】古賀淳也

 これらのイケメンをはじめ、国内外の美形アスリートたちを『熱狂!リオ五輪イケメンファイル』でたっぷり紹介しています。さあ、寝不足覚悟でリオ五輪イケメン祭りを楽しみましょう。

<TEXT/イケメン評論家・沖直実>