ダイエット中なら!スタバで試したい「カスタマイズ」テク4つ

写真拡大

夏に入りダイエット中という人も多いですよね。ですが、食事を我慢してばかりですとストレスもたまりますし、気分転換もできません。仕事に悪影響が出ないよう、適度に好きな物を食べたり飲んだりすることも上手に取り入れていきたいものです。

そんな夏はやっぱり冷たい飲み物が人気。スタバのフラペチーノも次々に新しいドリンクが発売になり、ダイエット中でも気になってしまいますよね。

しかし、話題のフラペチーノはカロリーや脂肪分などが多いということをご存じでしたか? ほぼご飯一膳分に匹敵するカロリーがあるものもあるんです。

そこで、ダイエット中でも取り入れやすいスタバのカスタマイズドリンクをご紹介していきましょう。

■1:フラペチーノ派はコーヒーフラペチーノを“無脂肪乳”に変更

どうしてもフラペチーノが飲みたい!という時に一番カロリーが控えめでおすすめなのは、コーヒーフラペチーノの牛乳を無脂肪乳に変更するカスタマイズ。

フラペチーノの中ではカロリーが一番低いコーヒーフラペチーノを、さらに無脂肪乳に変更することでカロリーは100kcal台にまで下げる事ができます。フラペチーノだけでなく、無脂肪乳への変更は無料でできるので、他のドリンクにも試すことができますね。

+50円することで豆乳に変更することも可能ですので、こちらもおすすめです。

■2:ホットではなくアイスを注文

スタバではホットよりもアイスのドリンクの方がカロリーが低くなります。体の冷えが気になる……という人でなければ、夏はアイスの注文をする方がおすすめ。

定番のスターバックスラテのTallサイズはホットの場合209kcalですが、アイスにすると117kcalと、なんと92kcalも少なくなるんです。普段ホットにしていた……という人はこの機会にアイスの注文に変えてみるのもひとつかもしれませんね。

■3:シロップを入れずにパウダーで甘みを

ドリンクに入っているシロップはやはり甘みが大きいためダイエット中はなるべく控えたいところ。それでも甘い物が飲みたい! という場合は、シロップを少なめにしてもらうカスタマイズも可能です。(フラペチーノでは対応できないこともあるそうですので要注意)

スタバでは無料でシナモン、ココアのパウダーを追加することができますので、自然な甘みを感じながら飲むことができます。

シナモンパウダーやココアのパウダーはホットのドリンクにぴったりですので、シロップ無し、無脂肪乳にカスタマイズしたドリンクに追加してみるのがおすすめです。

■4:じつはティーラテも優秀!

スタバといえばコーヒーですが、ダイエット中の方にはティーラテもおすすめ。スタバのティーラテはカロリーも100kcal台と控えめなんです。定番のイングリッシュブレックファーストティーラテは181Kcal。ほうじ茶のティーラテなら163kcalになります。

また、チャイティーラテは無脂肪乳でカスタマイズするとTallサイズで157kacl。甘いイメージがありますが、チャイ独特の風味で満足感も得ることができます。

たまには紅茶も楽しんでみるのはいかがでしょうか?

以上、ダイエット中の働き女子にもおすすめな“スタバのカスタマイズ方法”をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

スタバの公式サイトにカロリーが記載されていますので、しっかり見てみてはいかがでしょうか? また、店員さんも詳しい方が多いので相談してみるのも良いかもしれませんね。