ロンドン発「オンデマンド出前」サーヴィス、2.75億ドルの資金調達

写真拡大

ロンドンを拠点とするオンデマンド出前サーヴィス・Deliverooが、新たな投資ラウンドで2億7,500万ドルを調達した。同社はこれまでに5億ドル近くを調達しており、世界進出の拡大に充てられるという。

ロンドンを拠点とするスタートアップ・Deliverooが、新たな投資ラウンドで2億7,500万ドルを調達したと報道され、同社もこれを認めた。

「ロンドン発「オンデマンド出前」サーヴィス、2.75億ドルの資金調達」の写真・リンク付きの記事はこちら

Deliverooは、デリヴァリーを行っていないレストランにオンデマンドのサーヴィスを提供している。同社のアプリを利用する顧客は、定評のあるレストランやチェーンに料理を注文し、自転車やバイクで配達してもらうことができる(ロンドンでは「32分以内の配達」を宣伝している)。

2013年創設の同社は、2015年1月に2,500万ドル、7月に7,000万ドル、11月に1億ドルを調達。今回の調達で同社は、合計4.75億ドルの資金を調達したことになる。

Deliverooによると、2015年11月の資金調達ラウンド以降、400パーセントの成長を遂げているという。29都市でサーヴィスを開始し、トータルで12カ国、計84都市に展開しているとのことだ。

Deliverooの創設者であるウィル・シューは、今回の新しい資金を利用して、サーヴィスをさらに拡大し、レストランがデリヴァリーに関して直面する課題を解決していくと述べた。

「このサーヴィスは、大都市だけでなく小都市でも成功しています。英国とフランスでは、もっと多くの可能性があると考えています」とシューは『WIRED』UK版に語る。

Deliverooは、「RooBox」サーヴィスへのさらなる投資も計画している。ロンドン周辺のレストランに新しいキッチンスペースを提供し、デリヴァリー専門に使えるようにするというサーヴィスだ。

「RooBoxに関しては、ロンドンなどでは、デリヴァリーがレストランの売り上げの10〜30パーセントを占めることが可能、という前提があります。しかし、デリヴァリーをレストランが自前で行うと、レストランのキャパシティーの問題につながる恐れがある。ブランドを築いてきたレストランの中でのサーヴィスを犠牲にしないことが重要なのです」

店舗外にキッチンがあれば、レストランは、市内の新たな地域にほぼ即座に進出することができるというわけだ。

RELATED